リキがみなぎってきてますけど!?【住吉神社04/04】

今回も前回の続きです。(→最初は河口に突き出していたとか【住吉神社03/04】

これまで数回に渡ってお届けしている【住吉神社】のお話もいよいよ今回で最終回。↓

前回に引き続き、【住吉神社】の本殿辺りをウロウロ徘徊したいと思います。↓

それでは今回もはりきっていきますよ。こんにちは。↓

さて本殿のそばには絵馬掛があって↓

こちらには!?なんだかいかつい人がいるじゃんか。↓

こちら「古代力士像」というらしく↓

像そばの石碑に↓

説明書きがありましたので、読んでみることにします。↓

【住吉神社】は相撲とのご縁が深く、相撲の神としても広く尊崇を集めています。その昔、新横綱は横綱の免状取得に際し、熊本の吉田司家に行った帰路、当社に参拝されておりました。

とのこと。またこちらにも説明書きがあって↓

それはこんな具合。↓

筋肉隆々とした勇ましい姿をしており、古代力士の手相には「力」という字が描かれています。

ほう。どうでしょう、お分かりいただけてますか。左手は反転していて↓

右手に力。どやあ。↓

そのまま境内を先へ進んでみると、そこには『一夜の松』があって↓

そして『荒熊・白髭稲荷神社』が鎮座。↓

この近辺は、初回の記事では本殿裏側!?から訪ねることになったんだけど↓

今回は無事に正面!?からこんにちはです。はい。(→私は南からあなたは西から【住吉神社01/04】)↓

また、境内には他にも相撲場や↓

能楽殿もあるんだそうです。ふーん。ほーん。

といったところで、これにて【住吉神社】のお話はひとまず終了。



ざっと散策してきたので、まだまだ知らないことがたくさんありそうだけど↓

とにかくね、私は「力」と書いてリキって読みたい派。完。


【住吉神社】

福岡市博多区住吉3丁目1-51