ずっと訪ねてみたかったんで01/02【宇美八幡宮】

福岡県糟屋郡宇美町に鎮座する【宇美八幡宮】を訪ねました。

創建は敏達天皇3年(574)。「神功皇后」が「応神天皇」を出産したという地に、その「応神天皇」を祀ったのが、こちら【宇美八幡宮】。

宇美という地名の由来も「産み」からきているということで、出産そして安産に深くまつわる神社であり『子安大神』とも呼ばれているそうです。

県道68号の通り沿いに大きな鳥居があって↓

隣りには『応神天皇御降誕地』の石碑があります。↓ 

境内入って右側には宇美町立歴史民俗資料館があって↓

そしてこちらはご由緒書。↓

ご祭神は「応神天皇」「神功皇后(応神天皇の母)」「玉依姫命(神武天皇の母)」「住吉大神(航海の神)」「伊弉冉尊(最古の夫婦神)」。

『境内案内』の石碑。↓

 

神門をくぐると↓

拝殿で↓

本殿です。↓


 
神功皇后が応神天皇を産む際につかまったという『子安の木』。↓

境内の右手には、この楠の木の下で産湯を浴びたという『湯蓋(ゆふた)の森』。↓

また境内の左手奥には、神功皇后が応神天皇を出産される際に衣を掛けたという『衣掛の森』。ともに樹齢推定二千年以上だそう。↓

『湯蓋の森』の奥には神功皇后の別宮として鎮座する『聖母宮』。

納められている神功皇后の神像は室町時代末期の作で、25年ごとに開帳されるらしい。↓

応神天皇が生まれたときに、出産を手伝った「湯方殿」を祀る『湯方社』。助産婦の神社ともいわれているとか。↓

その周りには、安産にご利益のある『子安の石』がたくさん。↓

こちらは、応神天皇の産湯に使ったと伝えられる『産湯の水』で

字は広田弘毅による書という話を聞きましたが、どうなんでしょう。↓

こちらは境内社の『楠森稲荷社』で↓

どやどや。どやああ。↓

境内のあちこちに、「出産」そして「安産信仰」にまつわる文化財がてんこもりです。そしてさらに、なんですけどね。↓

こちらの境内裏手から「子安通り」を真っ直ぐ進んでいくと、その先に『奥宮の胞衣ヶ浦(えながうら)』が鎮座しているんです。↓

そのお話はまた次回ってことで。よろしくどうぞ。

(→ずっと訪ねてみたかったんで02/02【宇美八幡宮】


【宇美八幡宮】

福岡県糟屋郡宇美町宇美1-1-1