どうもこうもないですよ銅だけに【筒井宝満神社】

先日、私は大野城市の中という地区に鎮座する【御陵宝満神社】を訪ねました。(→コンプリートしたくなる気持ちあるある【御陵宝満神社】)↓

こちらの神社のご祭神は「玉依昆売命」(玉依姫命)で↓

神武天皇をお産みになり、また水の神として竈門山(宝満山)の頂きに鎮座されました。この地方一帯の水を支配し、水田耕作農民に密接に結びつく守り神として尊崇されました。

それはつまり↓

玉依姫は宝満山(竈門山)に天降り、竈門神社に祀られ、宝満の神になりました。農民にとって水は命なのだ。

ということ。また、案内板によりますと、【御陵宝満神社】は景行天皇や神功皇后もご祈祷にやって来たという、大変由緒のある神社とのこと。↓

そんな【御陵宝満神社】ですが、1592年から1681年の頃に五社に分社されます。

そのうちの一社が、福岡県大野城市乙金に鎮座する【乙金宝満神社】。↓(→昔あって今なくて昔なくて今ある【乙金宝満神社】

今回私は、二社目となる【筒井宝満神社】を訪ねたいと思います。場所は福岡県大野城市の「筒井」地区。↓

筒井といえば、もちろん【筒井の井戸】ですよね!?(→地名から浪漫がこぼれる【筒井の井戸】)↓

さて、福岡日田線から筒井北通りへ入り↓

さらに住宅街を抜けて進むと

細い通りと通りの狭間に↓

鎮座する【筒井宝満神社】。↓

鳥居のあるこちらからお邪魔します。↓

通りの一角にあるといった趣。↓

境内を入るとすぐに由来書きの碑ありましたので↓

読んでみるとこんな具合。↓

ご祭神は「玉依姫命」。中区御陵の宝満神社から勧請。

そして玉依姫についての説明書きがあって↓

玉依姫は海神豊玉彦の娘。海神の娘であることから、水を支配する能力があるとされ、宝満山の頂に座して水分の神となって農耕豊作祈願の神として崇められました。

とありました。

また、碑の裏にも記載があって↓

ご神体は女神像の一体で、楠の一木造り漆塗り。本殿は平成5年、拝殿は昭和62年に再建。拝殿のご神額は黒田藩の書家である横田鳳鳴によるものです。

境内にはご神木があって↓

狛犬。↓

こちらが拝殿。↓

ちらっとのぞいてみたり。↓

奉納絵馬。↓

そして本殿。↓

社殿裏には宝満山遥拝所。↓

宝満山は山岳信仰でも知られているらしい。

また、大野城市にぎわいづくり協議会HP『まどかのふもと』内の「筒井宝満神社」の記事を参照しますと、こうありました。↓

御神体は銅鏡であったというが、太平洋戦争の終結により板付米軍基地春日原ベースに近い所であるため、駐留軍に持ち去られていたが、昭和二十五年ごろ楠の一本造り、漆塗り像高二七センチの、神功皇后像を新刻奉納している。(大野城市史 民俗編より)

説明書きの女神像というのは、神功皇后像だったみたい。そして消えた銅鏡…。持ち去ってどうすんだろうか。銅鏡だけに!!

それはさておき。こうして、御陵宝満神社から分社された五社のうち、二社の訪問が済みました。

つまり残り三社。まだまだお楽しみは続くというわけです。


【筒井宝満神社】

福岡県大野城市筒井2丁目8-10