あえて地味でいく戦略もあろう【塔原塔跡】

前回の続きです。

前回、県道31号線(福岡筑紫野線)を福岡方面から筑紫野方面へ向かっていたら、その途中で案内板を発見したのでした。↓

それは『杉塚廃寺跡』の案内板で、私は道に迷いながらも無事に訪問を果たし(→大都会の一角だったとかいわれても【杉塚廃寺跡】)↓

それからさらに、31号線を筑紫野方面へと向かってみたのであった。すると通りの先に、前回と似たような交差点があって↓

ここは、福岡県筑紫野市の塔原一号交差点。交差点には歩道橋がかかっていて↓

その歩道橋の橋脚のところに、こちらもまた、前回と似たような感じで案内板を発見。これはまるでデジャブだ!!↓

それはともかく、まず案内板を読んでみたいと思います。↓

ここは【塔原塔跡】です。巨石は塔の心礎(心柱を据える礎石)で、近くに7世紀代の寺院があったことを裏付ける貴重な資料です。円形の穴の中心に段を持つ方形の舎利孔(釈迦の遺骨を納める穴)があるのが特徴。塔原の地名は、この礎石に由来。

とのこと。また、案内板には心柱と心礎の図があって、さらに心礎の写真も載っていますよ。↓

つまり、塔の心礎がこの辺りにあるということらしいんだけど、んーどうも見当たらないんです。↓

ふと、歩道橋にピンときた私。この歩道橋は、「上から見て、探してみてね」という過去からのメッセージだったのです。↓

イエス。その挑戦、引き受けた!!ってことで私は歩道橋に上ってみましたよ。↓

31号を向こうへ進むと「武蔵寺」とかがあって(→藤原だから藤。たしかに!!【武蔵寺】)↓

反対のこっち側は福岡方面です。↓

そして歩道橋を渡った先の通りの向かいは、ため池。↓

でね、歩道橋の上からふと案内板がある方を眺めてみると、そこにはにやけたカップルがなんかやっていて↓

結局見つからないので、元いたカップルの場所へ戻ったら、こういうこと。つまりこれが↓

こう。↓

そしてあのにやけた顔も、心礎のありかを指し示す古代からのメッセージ。だったらいいな。



さて、もう少し【塔原塔跡】について詳しく知るために、筑紫野市HPから参照させていただきます。↓

江戸時代、貝原益軒の『筑前国続風土記』には、この石が「塔原」という地名の由来になっていることが記されています。
塔心礎は、中心に2段になった方形の舎利孔があるのが特徴で、このような形式は、九州ではこの塔原塔跡と上坂廃寺(福岡県京都郡みやこ町)の2例だけ。
聖徳太子の伝記『上宮聖徳法王帝説』の裏書には、筑紫大宰帥の蘇我臣日向が、白雉5(654)年に孝徳天皇の冥福を祈って「般若寺」を建立したことが記されています。それがこの塔原廃寺のことではないかと考えられています。『筑紫野の指定文化財』より

とありました。また『古代日本の西の都』HPによりますと(参照します)↓

1966年の発掘調査によって、本来塔があった位置から動かされていることが分かっています。心礎の柱が座る彫り込みの大きさから、かなり大きな塔だったのでは。

とのこと。それにしてもですよ↓

この状態は気づかんよなあ。


【塔原塔跡】

福岡県筑紫野市塔原東3丁目14