あえてその場を選んだというお話も【高橋紹運公墓所】

先日のこと。太宰府市にある【金光寺跡】を訪ねました。(→ウロウロしてればどこかに辿り着く【太宰府金光寺跡】)↓

【金光寺】というのは、かつて『観世音寺』の子院の一つであったと考えられているお寺の跡で↓

その【金光寺跡】がある場所は、ちょうどキャンプ場の入り口でもあったんです。↓

みんなキャンプ盛り上がってるう!?とか思って↓

キャンプ場をちょっと散策してみることにしました。↓

キャンプ場は『市民の森』の一部らしく↓

広場から先は登山路になるようです。↓

しばらく進むと↓

木の枝の杖が置いてあって(すごく助かりました)、案内板が出ている。↓

読んでみますと、この先へ進んでいけば【岩屋城跡】そして【高橋紹運の墓】がありますよ、とのこと。↓

その【高橋紹運】そして【岩屋城】に関しましては↓

wikipedia内『岩屋城の戦い』の項を参照したいと思います!!↓

1581年のこと。勢力を強めた島津氏は筑前の秋月種実、東肥前の筑紫広門といった小勢力を服属・和睦していきました。島津氏にとって、九州征服を達成するのに倒すべき相手は大友氏を残すのみ。

そして遂に↓

島津氏は筑前へ進撃します。まず、大友側に寝返った筑紫広門の勝尾城を落城。広門は降伏します。(でものちに奪還!!)

一方、戦いの相手である大友氏側というのは↓

大友氏の配下である「岩屋城の高橋紹運」。「宝満山城主で紹運の次子・高橋統増(のちの立花直次)」、「立花山城主で紹運の長子・立花宗茂。」

その両軍が、1586年に岩屋城にて激突したというわけです。参照はもう少し続きます。↓

大友側の兵士763名は岩屋城に籠りました。そこへ島津氏が攻撃をするのだけれど、お互いにとって消耗戦が続きます。その間に行われた和睦交渉も決裂。

そして開戦から半月後↓

均衡は破れ、高橋紹運は高櫓に登り割腹し、763名全員が討死または自害したのでした。

こうして岩屋城の戦いは終わったのだった。

山道をさらにしばらく進むと↓

どんと案内板が出ていて↓

右へ進むと【高橋紹運の墓】。左へ進めば【岩屋城跡】。↓

まずは右へ向かって。↓

すると、再び案内板が出ていて↓

【高橋紹運ならびに家来衆の墓所】と記してある。↓

そしてこの墓所がある場所は、【岩屋城】の二の丸でもあるらしく↓

だから次回はもう少し登って、【岩屋城】本丸を目指すぜよ。よろしくどうぞ。


【高橋紹運墓所】

福岡県太宰府市観世音寺?