公園は見た目によらないことがある【南大橋1号公園】

前回の続きです。あらすじはこんな具合。↓

【那の津宮家】を求めて、福岡市南区三宅にある【若宮八幡宮】を訪ねた私。
(→思い通りにいかないみやけ通り【三宅廃寺跡】

【那の津宮家】の件は決着着かず。

こんな終わり方ではなんだかモヤモヤしますので↓

それならばと、話に出てきた【三宅廃寺】を探すことにしました。ネット情報を駆使したところ、【三宅廃寺】の跡は【若宮八幡宮】からすぐそばにあるらしいんです。

ここまでが前回。では【三宅廃寺】の跡へさっそく向かいましょう。↓

【若宮八幡宮】から『みやけ通り』を大橋駅のほうへ進みます。つまり、来た道をそのまま戻っている。

そして、その途中の三宅1丁目交差点で、今回は左折します。↓

少し進んでさらに細い道へ入っていくと↓

公園ぞ。ここが今回の目的地である【南大橋1号公園】です。↓

なんの変哲もなさそうな公園。そう、なんの変哲もないのです!!

この少し先には、飛び地みたいになっている緑地があって↓

どうやら、この辺り一帯を指して【三宅廃寺】の跡らしいのだというみたいなんです。

特に案内板も説明書きも見当たらない。果たして真実なのだろうか。

私はもっと詳しい情報を追い求めて、さらにネットで調べてみました。すると、こんな新情報。↓

この公園の場所には、かつてお城があったかもしれないよ!!

はぁ!?

以下、※『ニッポン城めぐり』というサイトを参照させていただきました。ありがとうございます。



お城の名前は【古野城】といって、通称は『亀ノ尾城』。築城主は的野了心という人物だそう。ずいぶん具体的です。リアルな感じ。

サイトの解説によりますと↓

ここには『古野城』というお城がありました。戦国時代に、この地の豪族であった的野氏が築城したとされている城郭です。

のち、豊後の大友氏が筑前に攻め入った後に大友氏に降った麻生氏の居城となりました。詳細な場所は分かっておらず、遺構なども確認することは出来ない。

戦国時代ということですので、15世紀末から16世紀辺りのこと。

一方で【三宅廃寺】は、奈良時代の8世紀辺りらしい。

ずいぶん時を隔てて、同じ場所にそれぞれ特別な建物が建っていたということになります。

たしかに、この公園がある場所は丘陵地帯。まずゆるやかな坂道が続き、公園の先はキツメな坂道が続くという。寺や城といった建物にとってぴったりな立地なのかもしれません。

このありふれた、町の公園が!!かつてお寺だったかもとか!!お城だったかもとか!!やるぅ!!

公園だって見た目によりませんね。


【南大橋1号公園】

福岡市南区南大橋1丁目22