アルファベットにする時の気持ち【白水大池公園】

先日、糟屋郡粕屋町の駕輿丁池を訪れたことはみなさんもご存じのことでしょう!!
(→バラの花言葉それは愛そして美【駕与丁公園】

そこで私は知ったんですけど、「駕輿丁池」は春日市の「白水池」、直方市の「牟田池」と並んで『筑前三大大池』の一つと称されているのだそう。

今回、白水池に行けるタイミングがあったので、私はさっそく訪ねてみることにしました。でもね、ホントは数年前に一度訪れたことがあるんだよ。

さて、おなじみ【大土居水城跡】を起点に【白水大池公園】を目指します。↓

こちらも皆さんおなじみの「いけいけ通り」を、全くいけいけじゃない私が駆け抜けますよ!!恐縮です!!

福岡方面から牛頸方面へ向かって、大土居交差点を過ぎてしばらくすると

右手に『白水大池公園』が見えてきます。

通りの向かいから、正面もパチリ。

では園内を散策してみましょう。

いきなり坂道とか階段とかで気分は下がり気味だけど、私頑張ります!!

階段先に広場があって、これは管理事務所みたい。

すぐそばに大きな運動場。

芝生には『KASUGA』の文字が。↓

誇り高き春日市民にとって、これは自慢の芝生に違いない。でも私は市民じゃないから…。で、なんでアルファベットなんだろう。



運動場の向かいは小高い丘になっていて↓

上ってみると『星の館』。

ここで宇宙のことが学べるっぽい。今回は閉館だったけど↓

以前訪れたときには、こっちの館の中にある

どでかい望遠鏡で

太陽とか見たんだよ。↓

隣りには『厳島神社』。↓

案内板を読んでみると↓

ご祭神は市杵島姫命(弁財天)。池の守護神として白水八幡宮境内に祀られていたものをこの地に享保4年(1719)に勧請されました。

筑前国続風土記や分水書に白水池の記述があって

須玖村庄屋の武末新兵衛と村人は、灌漑用水を確保するため堤防を嵩上げして、大きな溜池になしとげました。

この池には伝説もあるらしく

堤防決壊のときに一部が取り除かれ、大蛇が住んでいたので、その妖霊も祭られました。

とのことだそう。

ここから大きな池が見渡せます。この池をぐるっと廻ってみるってわけ。↓

KASUGAも見えるよ。↓

池に沿って遊歩道を進んでいくと

森に入っていくみたいに緑が多くなってきました。

平成橋。↓

ずっと向こうは↓

ファミリー向けに整備してある公園。ポップ!!

その向かいに展望台。↓

案内板には

面積16ヘクタール、堤防の長さ302メートル、周囲4キロメートル、貯水量70万立方メートル、水田面積300ヘクタール。

とあって

展望台をのぼってみるとこんな具合。↓

この方角指示なんだけど、もっと身近な地名のほうがいいんじゃないかしら。

と思ったけどそれは私のミス。なぜなら、ここは国際都市『KASUGA』だから。

『TOKYO』『SEOUL』『NEW YORK』『KASUGA』。こういうこと。これがアルファベットの謎の答えだ!!

私も猫も道を絶対ゆずらない。↓

記念の石碑があって↓

ここからは『大土居水城跡』そして『天神山水城跡』も見ることができます。

きっとあの森が天神山。↓

ここからもう少しだけ歩くと

1周歩き終わり。周囲はきれいに整備されていて、さくさくっと歩けたんだけど

それでもさすがは『筑前三大大池』。でかかった!!

こうして『三大大池』のうち2池が済んだわけです。ここで、牟田池はあえて行かないとかね。いや、ほら遠いからさ。終。


【白水大池公園】

福岡県春日市下白水209