私はたぶんお小夜のことを知らない【白木原地蔵尊】

【白木原地蔵尊】を訪ねました。大野城市白木原の静かな住宅街の通り道の合間。

向こうに見えるのは「西鉄白木原駅」そばの踏切で↓

この辺りは、ただいま高架工事の真っ最中みたい。

通りを挟んで真向かいには『大野城市立大野中学校』があって、中学生が勉強を頑張っています。↓

さて、今回私が訪ねたこの小さな地蔵尊には、なにやら悲しいお話があるらしいんです。

まず、こちらの地蔵尊の由来書を参照してみます。↓

江戸時代、筑紫野市入船町(現在の大賀酒造の裏、高雄川)から福岡市春吉の九電地下変電所のところまでおよそ20粁(キロ)におよぶ巾10米(メートル)深さ2米~3米の運河を福岡藩がつくっていました。

位置関係はこんな具合。↓

そして約2年が経ち↓

突貫工事であり、また崩れやすい土質であったということもあって、工事に携わる村人は疲労困ぱい。なにか良い手はないものか。

そこへどこからともなく、人身御供えのお話が村人の間に聞こえてくるんです。↓

小夜(16歳)という名の美しい娘を埋めたら、どうやら堀は崩れなくなるっぽい。

この人身御供えのお話なんですが、実際は人ではなく「人型」で代用したという説もあるみたいです。

こうして!?運河はなんとか完成し、その後10年ほど使用されたけれど、干ばつや大雨といった悪天候により、使用できなくなりました。

運河は埋め立てられ、この白木原の地は元の田畑に戻ったのでした。

とのこと。

前回、私は御笠川沿いにある【宮添井堰】を訪ねたんですが、こちらにも「人身御供え」のお話がありました。(→火の玉見て涙を流さずにいられない【宮添井堰】)↓

どっちも大野城市なんだな。

いずれにしてもね、こういうことを最初に言い出す人がいるわけでしょう、人身御供えしようや、みたいなことを↓

すぐ言う人。すぐ言う。

ちなみに、その埋められた運河の跡の一部は、現在『新川緑地』として整備され、きれいな遊歩道になっています。

【白木原地蔵尊】

福岡県大野城市白木原4丁目8