雰囲気だけで勘弁して欲しい【下月隈八幡宮】

福岡市南区の大橋方面から45号を志免方面へ進むと↓

西月隈交差点に西月隈歩道橋があるので↓

渡ります。交差しているのは都市高速。↓

左に広がっているのが福岡空港。↓

この辺りは、ちょうど空港の南端にあたるところらしい。↓

まっすぐ進む通りの右側には「下月隈1号緑地」。↓

ここは飛行機の離着陸を見学しに来る人で賑わいがち。↓

私もしばらく黄昏ていると↓

飛行機がこんな感じでやってきた。↓

さて、この通りをそのまま真っ直ぐ進めば↓

今回の目的地【下月隈神社】が鎮座しています。↓

鳥居をくぐって階段をのぼりますよ。↓

下月隈八幡宮。↓

割れたのか寄り添っているのかの石。↓

境内で↓

振り返るとこんな感じ。↓

由来書きの石碑がありますので↓

なんとなく読んでみます。読めないけど。↓

ご祭神は「応神天皇」「神功皇后」「玉依姫命」。

759年に大宰師(大宰府長官)の三船親王が造立したと社伝にあります。

ちなみに

勧請の年は不詳だけど、ここはかつて「槻隈の駅」で、1091年に経信卿が大宰帥に任するための移動中、この駅で十五夜の月を眺め琵琶を弾きました。のち1467年の応仁の乱で灰燼に帰すも、黒田藩によって格別に崇敬されました。

雰囲気だけ伝わって!!詳細は伝わらないで!!そして続きます。今度は「月隈の由来」。↓

『筑前国続風土記』の記述です。経信卿が大宰帥に任するために下向する時のこと。筑前国席田驛(駅)についたら、月が明るくて館の前に大きな槻。(けやきの古名)。

それが月にかかって邪魔だったので切らせました。そして月に向かって琵琶をかきならし、夜が明けたので出発。

とのこと。そしてここからの文章が私には分からない。ぼんやり理解したのはこんな感じ。↓

時が経ち、経信卿が琵琶を弾いた場所がどこだか分からなくなりました。月隈というところがあって、ここに大きな槻がある。槻隈を間違って月隈と書いた。月隈は東山下の場所をさし、そこにはかつて道があって、宿駅があった。

雰囲気「だけ」お伝えしています!!お願いします!!

で、拝殿。↓

狛犬。お洒落ね。↓

拝殿内をちらっとね。↓

神武天皇。↓

社殿。↓

境内社。↓

おや、この左の木が槻なのかしら!?とかいって↓

雰囲気よ雰囲気。


【下月隈神社】

福岡市博多区月隈3丁目11-1