気付けば歴史に流されて【那珂川裂田溝03/03】

前回の続きです。(→立ち塞がった大岩は祈るが吉【那珂川裂田溝02/03】

福岡県那珂川市に古くから残る、農業用の人工用水路である【裂田溝】。↓

私は那珂川市山田地区から【裂田溝】を辿り始め、「裂田溝公園」を通過して「裂田神社」へとやってきたのでした。↓

今回は「裂田神社」から引き続き辿っていきたいと思います。

こちらが「裂田神社」拝殿で↓

拝殿内には奉納絵馬も。↓

改修祈念の碑。↓

そして狛犬。↓

狛犬の後ろには「裂田の溝ものがたり」と書かれた説明書き。↓

さっそく読んでみたいと思います。↓

はるか昔、安徳村にある大きな台地(安徳台)近辺には竪穴式住居が集まり、多くの人々が暮らしていました。

それから時を経て↓

新羅との戦いのため、神功皇后が安徳村にやってきました。神功皇后は戦いに勝利し、安徳村へ戻ってきて、神々へお礼をするため「現人神社」におまいりしたのでした。

現人神社の記事はこちら!(→)

そして↓

「神様へお米を捧げるために、神功皇后が神田を開くらしい」という噂が村に流れました。そこで村人たちは畑へ水を引く溝を作る大工事を始めたのでした。

ですが↓

大岩が立ち塞がって、工事が進みません。そこで皇后は家来の「武内宿禰」に命じて、岩をなんとかしてくれるよう神に祈ったのです。

すると↓

大岩に雷が落ち、大岩は見事に裂けたのであった。こうして安徳村には豊かな水田ができ、この辺りは「とどろきのおか」そしてみぞは「裂田の溝」と呼ばれるようになりました。

そして↓

それから1600年もの間、那珂川に在る7つの村「山田」「安徳」「東隈」「仲」「次郎丸」「松井」「今光」を潤し続けています。

とのこと。他にも説明書きがあって↓

「安徳台」は奴国の拠点集落のひとつです。日本書紀には「とどろきの丘」そして江戸時代には「御所ヶ原」とも記されています。また「岩門城」は標高195mの山頂に築かれた山城。延久5年(1073)に完成。中世の博多や大宰府を警備する軍事的重要拠点であり、旧那珂郡随一の歴史を誇る山城です。

だそうです。



こちらが多分「岩門城跡」の山じゃないかな。どう?↓

水路に沿って、さらに先へ進みます。↓

すると、用水路はなんだか姿を変えて、ちょっとしたアトラクションのような、いい感じの雰囲気を醸し出すのであった。↓

ほら!↓

からの、ほら!↓

独り占めしてます。↓

振り返ると、こんな景色。↓

さらに進むと、前方に小屋。お手洗いかな。↓

ここは「カワセミ公園」というらしく、休憩所とお手洗いがあって↓

そばには説明書きもありましたので↓

読んでみたいと思います。↓

日本書紀に登場する「迹驚岡」は現在「安徳台」と呼ばれています。阿蘇山の大噴火による火砕流堆積によってできたものです。この場所は【裂田溝】のお話だけでなく、弥生時代中ごろの大型住居や首長の墓も見つかっています。

また↓

台地上には、中国の歴史書「魏志倭人伝」に登場するクニの一つ「奴国」を支えた大集落があったおとが分かりました。

さらに↓

平安時代に都を逃れてきた安徳天皇が「仮御所」を構えた場所とも伝えられています。

もう、歴史がぱんぱんに詰まっています。詰まり過ぎているくらい。↓

さて、【裂田溝】はまだまだ続くけれど、きりが良いのでここまでにしておこうと思います、またいつかね。↓

思いがけずに、壮大な歴史散策になりました。那珂川シティはすごかったよ。


【カワセミ公園】

福岡県那珂川市安徳66