その後、無事に帰れたのでご心配なく【野芥櫛田神社】

前回、私は早良区野芥にある【野芥縁切り地蔵】を訪ねました。
(→届け、この想い!!飛んでけ!!【野芥縁切地蔵】

その帰り道、頭がボーっとしていたのかなんなのか分からないけど、道に迷ってしまったんです。

それでウロウロしてたら【野芥櫛田神社】に辿り着いたのでした。

細い小道が交差する住宅街の中に、大きな鳥居がたっていて↓

そばに由来書きがあったので、読んでみることにしました。↓

景行天皇は、此の地の住民が兇賊に襲われて難儀している事に心を痛められました。そこで大若子命(別名大幡主神)に命じて、この賊を征討したのでした。これが縁起。

そして

天慶2年(939)に再建され、早良六郷の郷社となる。それは実に1300年も昔のこと。

つまり【野芥櫛田神社】は、ここ野芥の地の氏神様ということ。

急な階段をのぼると社殿があって↓

こちらは狛犬。↓

社殿横には『地禄神社』があります。↓

そして『恵比寿神社』。↓

また、こちらの『稲荷大明神』の脇をのぼっていくと↓

森の中に『社日社』が鎮座していました。↓

毎年1月10日には、商売繁盛と幸運を祈る「十日恵比寿」のお祭りで、神社境内は大変賑わうのだそう。

そしてそのお祭りでは「えびす汁」なるものがふるまわれるとか、ふるまわれないとか。そんなお話を聞きました。


【野芥櫛田神社】

福岡市早良区野芥4丁目24