時代の先を駆け抜け過ぎて【西公園/平野國臣像】

先日、中央区今川にある【平野神社】を訪ねました。(→私の燃える想いに比べない【枡木屋跡】

平野國臣を祀っている神社で、明治通り沿いに鎮座していて、そしてここは彼の生誕の地でもあって…。

とか考えていると、ふと頭によぎったんですよ。そういえば西公園に「平野國臣の像」があったよなあ。

でね、さっそく訪ねてみることにしましたよ、私。

明治通りからまっすぐ進んで

このおなじみの坂道を上ると

左手にほら!

ほら!ん?二郎なんだな。

からの、ほら!

私の記憶は間違っていなかった。説明書きにはこうありました。↓

平野國臣は26歳のとき黒船8隻を目の当たりにし、長崎(のちの海軍伝習所)で世界情勢を学びました。以来、国家統一を訴え「雄藩が揃って力を合わせれば幕府を倒せる」と倒幕を目指したけれど、禁門の変にによってその夢は断たれたのでした。享年37。

銅像はこの先!!

なんだか贅沢な広場です。余白たっぷりって感じ。二郎っていうのは、ニ男だからなんだって。

近づいてみると、像のところにかなり詳細な説明書きがありました。↓

像の後ろ側にも平野國臣に関する記述がある。↓

ですので、wikipediaの平野國臣の項と一緒にまとめて参照してみることにします。↓

平野國臣は地行下町で生まれ、のちに尚古主義(日本本来の古制を尊ぶ思想)に傾倒するようになります。結婚し一男をもうけるも、一切の束縛を断ち切るとかいう。

そして安政5年(1858)のこと。

國臣は、幕府から逮捕命令が出ていた勤王の僧「月照」を薩摩へ送り届けることに。月照は西郷隆盛と入水自殺を図るも、國臣は西郷隆盛を救助したのでした。

そんな中、薩摩藩による倒幕決起を願って詠った有名な歌がこちら。↓

我胸の燃ゆる思いにくらぶれば烟はうすし桜島山

そののち、國臣は藩主の上洛を阻止した罪で「枡木屋の牢」に投獄されます。このとき「こより」を使って8000字を越える論説・書簡を記したといいます。↓

そして枡木屋の牢から釈放された國臣は↓

月形洗蔵と共闘しようとするも決裂。生野で兵を挙げるも捕えられてしまいます。『禁門の変』の火災をきっかけに、他の囚人とともに斬首されたのでした。

とのこと。

國臣のお墓は京都市上京区の竹林寺にあるらしく、また國臣の像はここ西公園にある。

じゃあどうしてここに像があるのかっていうと、残念ながら私は知らないんだな。


【西公園/平野國臣の像】

福岡市中央区西公園13