君はすでに遠い想い出だった【奴国の丘歴史資料館】

以前にも訪ねたことのある、春日市【奴国の丘歴史公園】の
(→巨石の下でアイテムゲット【奴国の丘歴史公園】

その園内にある【奴国の丘歴史資料館】へ久しぶりに見学へ行きました。

というのも理由があってですね、ある人物が私を待っているからなんだな。

いや、ある人物が私を待っているってことを人づてに聞いたからなんです。

館内では記念展が開催されているらしい。↓

ではさっそく入館です。そわそわしてきました。どこにいるのだろう。

ここ【須玖・岡本遺跡】では王墓が発見され、この地は奴国の中心地だと考えられています。

館内には王墓の説明なんかが結構あって、こちらは甕棺に入っている王の映像。

館内には見学者が私一人だけだったんで、なんだか不気味な感じ。お墓だからさ、昔っていっても。レプリカだけど怖いじゃん。

ちなみに私を待っているのは、こちらの奴国王ではないんだな、これが。

記念展やってた。↓

かつてこの辺りは、テクノポリスといえるくらい最先端の工房が集まった場所だったそうですよ。↓

館内奥にはでっかい水城の木樋。↓

土塁の下にこれを通して、水城の博多側の濠に水を流し込んでいたという、いわゆる導水管。↓

とか思っていたら強い視線を感じた気がするぞ!!

お気づきいただけてますか。↓

私を待っていた人物。↓

人じゃなくて亀だな。↓

っていうか硯なんだけど!!↓

みんなにも紹介したいです。こちらは先日訪れた【金口池公園】の案内板で私が一目ぼれした『亀の硯』。まさか実際に会うことができるなんて。
(→どうしてそんな表情をするんだい【金口池公園】

どうですか、この顔ったら。親しみやすさナンバーワンのフェイス。↓

『惣利北遺跡』と『浦ノ原窯跡』から出土した須恵器の硯で、下級役人が使っていたのではと考えられているらしい。↓

こんなグッズがあったら買いたいな。いや、これなら自分で作れるか…。

そういうひどいことをいう人には、きっと天罰が下るであろう。完。


【奴国の丘歴史資料館】

福岡県春日市岡本3-57