あなた、遥かなる時を超えているわよ【那珂八幡古墳】

『JR竹下駅』の西口には「那珂川」がたゆたゆと流れています。でもここは東口。

私は、東口前から東へのびる「竹下駅前線」を東へ歩きます。

通りに沿ってちょっとだけ歩くと、左手に小さな森が見えてきます。森というより丘かなと思ったら、どうやら小山らしい。↓

この山頂に鎮座するのが、今回の目的地【那珂八幡宮】。↓

通りをこのままさらに東へ進むと「御笠川」。

つまり、ここは2つの大きな川に挟まれている、そんな場所。

さて、参道があって鳥居をくぐると急な階段が続きます。↓

その手前に由緒書。↓

読んでみるとこんな具合。↓

ご祭神は「応神天皇」「神功皇后」「玉依姫尊」。神社の西麓には元宮があるけれど、もともとのはじまりは不詳。

また、昭和53年にこの地で調査があったそうで↓

全長75m、後円部直径約47m、4世紀後半に築かれた九州最古の前方後円墳の、その墳頂にあることが確認されました。

つまり、神社を調べてみたら、古墳の上に鎮座していましたよ、ということでしょう。続きます。↓

福岡平野最大級の古墳の主体部は、社殿下にあるため不明です。ですが、社殿北から出土した木棺墓から、青銅製の三角縁神獣鏡などが発掘されました。弥生時代のものや鎌倉時代のものも出土しました。

隣りにはもう一つ案内板があって、こちらはその『史跡 那珂八幡古墳』について。

読んでみます。↓

那珂から比恵にかけて広大な台地上にあって、福岡平野の前方後円墳の中ではもっとも古いです。

その大きさは↓

推定全長85m。後円部の直径約50m。後円部の高さ15m。

そして↓

埋葬施設は割竹形木棺。そこから出土した三角縁神獣鏡から、福岡平野最古の首長墓(4世紀)と考えられます。

とのこと。

ここは小さな山の山頂。辺りは静かで誰もいません。

こちら拝殿内には↓

奉納絵馬がたくさん。カラフル。↓

社殿下には、後円部の埋葬施設の1つが未発掘のまま。

猫がどこかでじっと私を見つめている。

ところで、なんですけど。古墳の上に神社というのが、私は良く分からない。

古墳は4世紀後半の築造とされていて、神社は八幡信仰から推測して、8世紀後半くらいの建立とのこと。遥かなる時を越えています。

知っててあえて、この地にあとから鎮座しているパターンなのか。全く知らずに偶然よのパターンなのか。

こういうのはごく当たり前だパターンなのか、それは言えないタブーパターンなのか。私は分かりません。

社殿の反対側には↓

境内社。「武内宿祢」を祀った『武内神社』。↓


【那珂八幡宮】【那珂八幡古墳】

福岡県福岡市博多区那珂1丁目44