ナマズと神楽と不動明王【那珂川伏見神社】

福岡県那珂川市山田。

那珂川にかかる小さな橋を渡って

さらに国道385号をずーっと真っすぐ進むと

通りの左沿いに【伏見神社】が鎮座しています。↓

ご祭神は「淀姫命」「須佐之男命」「大山祇神」「神功皇后」そして「武内宿禰」。

【那珂川伏見神社】の由来はといいますと↓

主祭神の「淀姫命」は「神功皇后」の姉姫で、もともとは、「川上大明神」として佐賀県に鎮座していたけれど、この地に遷座。

のちに「神功皇后」そして「武内宿禰」と共に「京都伏見御香宮」を合祭。そして『伏見大明神』と称すようになりました。

また「須佐之男命」は、博多の戦火を逃れるため、櫛田祇園神社のご神体をこの『伏見神社』へ遷したものです。その時、博多の住民もこの地へ移り住んだといいます。

そうした縁もあり【伏見神社】では祇園祭が行われます。

とのこと。

狛犬。めっちゃ笑ってる。↓

こちらはドヤ顔。ドヤドヤ。↓

毎年7月14日に行われる『伏見神社祇園祭』にて奉納される『岩戸神楽』は、とてもよく知られています。

能面を神楽面として多く使う例は珍しいのだそう。(分かってない)

舞は全部で18番。その内のいくつかが披露されるとのことで↓

中でも、鬼が子どもをさらうという「荒神」は、この時に鬼から抱かれた子どもに無病息災のご利益があるとして、とても人気があるらしい。

こちらが拝殿。↓

拝殿内もちらっと。ナマズの絵馬が奉納されています。↓

拝殿の横には絵馬堂があって↓

こちらにもナマズの絵馬。↓

というのも、神功皇后の三韓征伐の折、ナマズが群れをなして水先案内をしたことから、ナマズは神様の使いとして崇められているのだそうです。

たしか【現人神社】でも似たようなお話があったような。→ここから始まるお【現人神社】

【伏見神社】前の通りを横切ると↓

那珂川が流れています。↓

ナマズがいたら運命感じるなと思って↓

水辺の階段を下りると↓

不動明王。↓

それもまた運命だわ。


【那珂川 伏見神社】

福岡県那珂川市山田879