3500万年前はピンとこない【帆柱石】【縁の石】

【名島城址】へ向かって、私は名島海岸を歩いています。

ここは『帆柱海岸通り』。

その名の通り、この海岸沿いには帆柱石があるらしいのです。

とはいっても、どの石が帆柱石なのか。そしてそもそも帆柱石とはなんなのか。私は分かりません。

そこで、この大正時代の帆柱石の風景↓を頼りに、散策がてら探してみます。

海岸沿いを迂回しなくてはいけなくて

もう一度海岸へ向かいます。↓

すると、祠があって↓

そばに案内板。↓

むむ。帆柱石は近いですぞ!!

さて、案内板によりますと

【帆柱石】は3500万年前の木の化石。珪化木とよばれています。神功皇后の『三韓出兵』(wikipedia→三韓征伐)において、凱旋した船の帆柱が、化石になったものであるという言い伝えもあります。

とのこと。

海岸沿いはきれいに整備されています。気持ちがよいです。↓(海岸向かって左側を望む)

海岸の向かって右側を見てみると↓

お!!おお!?このそびえ立っている石かな、と思ったら、こちらは『帆柱石の碑』で↓

なぜかバスケットボールが。↓

『太平洋大海戦大勝利』と記された戦勝記念の碑も建っている。↓

【帆柱石】はこちらの波打ち際に並ぶコロコロした円柱形の石なのだ!!↓

見ているとお菓子のコロンが食べたくなります。↓

石なんだけど石じゃない。カシ属の木が珪酸で化石になったと。それが9個並んでいるというわけ。



また、言い伝えのほうはこんな具合です。

3世紀頃のこと。仲哀天皇と神功皇后は熊襲討伐のために橿日宮(香椎宮)を訪れていました。その際、新羅を攻めよという神のお告げが。
仲哀天皇は意に介せず熊襲討伐を行い失敗し、のちに崩じたと。
神功皇后は熊襲を討伐し新羅へ出兵。降伏させるにいたる。そのときの船の帆柱が化石になったものが、帆柱石である。

さらに、神功皇后のお話。

少し歩いた先には【縁の石】なるものが。↓

のぞいてみると↓

大きな丸い石がどんと置いてあります。↓

説明板によりますと↓神功皇后は三韓出兵の際、妊娠していたのだそうです。出征から帰ってきて、一休みと座った石がこちら。

この石に祈ると安産や縁結びに効くとかなんとかあるみたい。この後、神功皇后は宇美で応神天皇を出産します。

さらにさらに、神功皇后のお話。

こちらが【砧板瀬(まないたぜ)】。神功皇后が、凱旋の祝宴をひらいた場所。↓

さらにさらにさらに、神功皇后のお話しがあるんですが…。

次回にしておきますね。→神功皇后も秀吉も隆景も名島に集合【妙見島】

ご清聴ありがとうございました。


【名島海岸】

福岡市東区名島1丁目29