電車だったら駅前水城01/02【水城05】

以前、私は福岡県太宰府市にある【大水城跡】の東端を訪ねました。(→大水城の東端からハロー01/03【水城04】)↓

四王寺山の山すそが【大水城跡】の一番東端になっていて、そこから【水城跡】は西へ約1.2キロのびていくのです。↓

ところで【水城跡】とはなにかといいますと

遠い昔、唐・新羅の来襲に備えて、朝廷が造った防衛施設の土塁のこと。唐・新羅の連合軍が攻めてくることはなかったので、使われることは一度もありませんでした。

その【水城跡】が現在も残っているというわけ。

水城の土塁はこの東端から少しだけのびると、途中でいったん途切れてしまいます。↓

というのも国道・御笠川・西鉄大牟田線がいっせいに横切る場所があるためなんです。

その途切れたところまでを前回訪ねましたので、今回はその続きから行ってみよう!ということでよろしくお願いします。↓

では途切れたところから再スタート。こんな感じになっていて↓

その先は国道です。↓

そして九州自動車道が上をクロスして、向こうには御笠川が流れ、西鉄大牟田線も走っている。下大利駅と都府楼前駅の区間。

でね、ここを真っ直ぐ通って、続きの水城跡に沿っていくことができないんです。つまりぐるっと迂回しないといけない。

迂回できる道を探して少し進んでみると、「川原地下道」がありました。↓

くぐってはみたけれど、国道を越えただけ。目の前の御笠川が私の行く手を阻むのだ!!↓

いったん戻ってさらに探してみると、今度は「紺町地下道」がありましたよ。↓

ここをくくぐって抜けると↓

御笠川に「下川原橋」がかかっている。↓

さらに進むと、九州自動車道の下にトンネルがあって↓

抜けるとそこは住宅街。通りの隅には『旧小字 室町』の石碑。↓

そのまま住宅街を進んでいくと『水城駅前通り』に出てきました。↓

通りに沿って走るは『JR鹿児島本線』。そばには『JR水城駅』。

そしてここは【水城土塁断面広場】。それはつまり↓

私は再び水城跡(続)に合流できたのです。やったー。だ、断面!?

ってことで、今回はここまで。次回は周辺をじっくり見てみたいな。
よろしくどうぞ。


【水城土塁断面広場】

福岡県大野城市下大利3丁目2-9