道真公がやってきた【水城老松神社】

太宰府市水城に鎮座する【老松神社】を訪ねました。

福岡方面からは県道112号を太宰府方面へ進みます。↓

西鉄白木原駅を過ぎて、さらにしばらく進むと、御笠川にかかる「大野城橋」。↓

この橋を超えると、もう太宰府市内です。↓

この大野城橋から向かって右手を、私は鋭い眼差しで睨みつける。すると御笠川が流れる先に、緑がもわっと繁った場所がありますよね。↓

あそこが【水城老松神社】。川の左側は通ることが出来ないので、右側の「清川通り」という小道を進んでいきます。↓

右側に広がっているのは下大利団地。↓

こちらの「水城橋」を渡ると【老松神社】に到着です。↓

ところで【老松神社】と名のつく神社は全国あちこちにたくさんありますけれど、いったいどういうことなのかしら。

それはね、「天満宮」のご神木である「老松」が神格化されて、全国に勧請されたものなのだそうです。

【老松神社】のご祭神は「菅原道真」。

境内は広くて解放感があります。↓

隣りにはばーと田圃が広がっていて↓

境内奥には「庚申塔」や「西国第三十番札所」そして↓

「遥拝所碑」と書かれた石碑。↓

遥拝所とはなんでしょうか。ど、どや顔↓

こちらは拝殿。↓

創建の由来は不明だそうですが、元々はこの水城の氏神として地域をお守りしてきた神社とのこと。

また、かつて菅原道真公は大宰府へ左遷された際、御笠川を船に乗って下ってきて、そしてこの神社の裏手から上陸したと言い伝えられています。↓

そんな道真公とのつながりゆえに、この地に【老松神社】が勧請されたのでは、というお話もあるらしい。

さて、ところでね。その道真公が船を下りて上陸を果たした場所はといいいますと↓

どうやらこの辺りらしいんだけど、分からない。ここは社殿裏の川沿いですし、充分ありえるでしょう。

川の対岸から見るとこんな感じ。↓

道真公は、謀略にはめられた自分の境遇に涙し、はるばる大宰府へ下ってきました。その道中で様々な場所に立ち寄り、幾多の伝承を残しています。

以前訪れた【衣掛天満宮】もその一つ。↓

この【水城の渡し】から上陸した道真公は、こぼれる涙をふきながら【衣掛神社】を通って

そして亡くなるまでの2年間を過ごしたという『榎社』へと向かった、そういうことかしら。


【水城老松神社】

福岡県太宰府市水城1丁目20-11