水城ゆめ広場にあなたは来ない01【水城07】

これまで私は、あっちへこっちへと【水城跡】を辿ってきました。

【水城跡】っていうのは、かつて「唐・新羅」の来襲を防ぐべく造られた防衛施設の土塁(と外濠)の跡のこと。

全長は約1.2キロとされていて、東端からスタートした私は、ようやく西の端近くまでやってきました。
(→ついに西門を通る日がきた01/02【水城06】

そのスタート地点である東の端には【水城館】があって↓

では、西の端はどうかっていうと【水城ゆめ広場】としてきれいに整備されているのだ、と聞きましたんでね。だったら訪ねてみましょうというわけ。

「福岡筑紫野線」を福岡方面から太宰府方面へ進んでいくと↓

「上大利の小水城跡」である【小水城ゆめあかり広場】が右手に見えます。(→小水城ゆめあかり広場へ行ってパン【水城01】)↓

ここを通り過ぎてさらに進むと↓

左手に【水城ゆめ広場】の入り口が見えるよ。

ちなみに、この通りをもう少しだけ進むと【太宰府歴史スポーツ公園】がありますよ。
(→たまには一人運動会でも【太宰府歴史スポーツ公園】)↓

で、【水城ゆめ広場】の入り口はこんな具合。左には駐車場があって、右手にあずま屋。そこにはトイレと休憩室があって↓

休憩室には、水城全体の写真が貼ってある。それも詳細な説明つきでだ!!↓

水城跡ファンなら歓喜のガッツポーズもの。私も、写真を眺めながら、しんみりしたフリとかして。↓

休憩室の奥には、散策コースの入り口が見えるんだけど↓

その前に、他に訪れたい場所があるんです。

広場前を通る福岡筑紫野線の向かいは小高い丘になっていて、住宅地が拡がっています。↓

その丘の上に公園があって、そこから水城跡を眺めるのが、水城跡マニアの中でも「通」らしいんだな。っていうのは、まあ嘘なんだけど。

とりあえず行ってみますよ、公園へ。↓

青葉台入り口の交差点から住宅街へ入っていく。↓

ウロウロしつつも

公園に到着。「神ノ前公園」というそう。↓

緑がもさもさしているので、水城跡の場所が分かりやすいね。↓

わりと高い場所だよ。↓

公園を降りると

そこもまた公園だったんだな。↓

さて、これから【水城ゆめ広場】の散策コースへ向かおうと思いますが。そのお話はまた次回にね。よろしくどうぞ。


【水城ゆめ広場】

福岡県大野城市下大利5丁目12