火の玉見たら涙流さずにいられない【宮添井堰】

映画や小説なんかで、予想外の結末を迎えることをツイストというんだそうです。

ところで先日、川沿いを駆け抜けていたら↓

偶然とある石碑を見つけました。それがこちら。↓

【宮添井堰(みやぞえいぜき)】と書いてある。この「井堰」っていうのは↓

稲田へ水を引き入れるために、川の水をせき止める取水設備のこと。

そしてこの【宮添井堰】は

かつて筒井・山田・金隈に水を送る役割でした。

とのこと。↓

場所は大野城御笠川の川沿いで

以前訪れた【御笠の森】のわりと近く。(→1kmは結構な距離あるYO!【御笠の森】

そばにはかわいい説明書きがあって↓

そこには悲しいお話が書かれていたんです。↓

ずっと昔、御笠川は大雨・台風がくるたびにたびたび氾濫していました。

稲田に水を引く堰もすぐに決壊。村人は困り果てました。

そこである時↓

村人たちが村の庄屋と話し合う場が持たれ、そこで誰からともなくこんな話が出てきたのです。

「言い伝えによると、人柱で井堰を築けば、壊れないらしい。」

この『人柱』というのは、いけにえのこと、つまり人身御供。

生きた人を水や土に沈めて神に捧げて、工事の完成を祈りましょうというわけ。

そこへ庄屋が、こんなことを言うのでした。↓

「明日、横縞の襟の着物を着てきた人が人柱になるってことにしようや。」

先に分かっていれば、誰も着てくるわけありません。でも集会に参加しなかった人にとってはかなり不利かも。

さて翌日のことです。

話は村人全員に伝わっていたので、誰一人そんな恰好をしている人はいません。

と言いたいところですが、一人当てはまる人物がいたんだな。その人物はほっかむりをし、しゃべることもないので誰だか分かりません。

ですが、なんの抵抗をすることもなく、人柱として生きたまま堰に埋められたのでした。

そこで誰かが気づくんですね。「庄屋さまがいない!!」

そうなんです。あれは、庄屋自らが覚悟をしての発言だったのでした。

こうして庄屋が人柱として捧げられ、無事に堰は壊れることがなくなりました。

それからちょっとあとのお話。↓

庄屋がいなくなってしばらくすると、井堰周辺では火の玉が見られるようになりました。

悲しく漂う火の玉を見て村人たちは察します。

庄屋さまが村をいつも見守ってくれている。これは悲しみ。

村人はみな涙を流して、庄屋さまに感謝したのでした。完。

これは『ひんどの人柱と火の玉』という大野城の民話で

「ひんど」というのは、取水設備である「ひんとう」がなまったものではないかと考えられているそうです。

ところでね、村人たちは本当は、最初から庄屋さまだって気付いてたりとかね。そして庄屋さま自身も、みんなが気付いてることに気付いてたとかね。

だったらより悲しいとかね。

【宮添井堰】

福岡県大野城市御笠川1丁目の川沿い