宇美(川)は広いな大きいな【御手洗八幡宮】

糟屋郡志免町にある【御手洗八幡宮】を訪ねてみることにしました。

福岡空港国内線を起点に↓

空港通りを志免方面へ進みます。↓

そして稲城の交差点を右へ曲がる。

すると橋が架かっていて川が流れているよ。

これが宇美川。

ここから川に沿って下っていくと

ちょっと先に【御手洗八幡宮】が鎮座しているっていうわけ。

緑が見えてきて↓

こちらは境内の裏側にあたります。↓

正面はこちら。↓

では、鳥居をくぐって境内へ。↓

案内板を読んでみますが↓

いきなり意味が分からない。

筑前名所図絵なるものがあって、その図絵の『亀山八幡宮』を説明するところに「別府枝村に御手洗というところがある。神功皇后が手を洗われた場所である。」とかいてある。

こういうこと!?違ったらごめん。で、そのまま説明のところを続けてみると↓

「その御手洗の地に鎮め祀っている神を、二カ所に崇め祀っています。」と説明にある。

どう!?分かる!?私には分からんよ。さらに続きます。↓

筑前国続風土記拾遺には「亀山八幡宮は別府と御手洗という両村の産土神です。」とあります。

そしてこうまとめられている。↓

御手洗八幡宮と亀山八幡宮は同じころに奉祭されたものと思われます。

なぜ『亀山八幡宮』が突然出てくるのか。また、先ほどの二カ所というのは「別府と御手洗」の二つの村のこと?「御手洗八幡宮と亀山八幡宮」の二社のこと?

ちなみに私は以前『亀山八幡宮』を訪ねたことがあるんだな。
(→惜しげもなく使われている【亀山八幡宮】【亀山古墳】

両社の位置関係はこんな感じで↓

ついでに言うと、ちょうど【勝田線】の二駅でもあるよね。
→御手洗駅から上亀山駅まで辿ってみた【勝田線2/5】


(勝田線跡。)

また糟屋郡神社誌には↓

神功皇后が三韓出兵より帰還され宇美での出産へ向かう途中、この地で手を洗われたことから八幡宮をお祀りしています。

とのこと。ご祭神は「応神天皇」「神功皇后」「玉依姫命」。



さてさて、だけど。

志免町HPの方ヶ島(ほうがしま)のページにも【御手洗神社】に纏わる楽しい記載があったので参照してみます。↓

神功皇后は、三韓出兵から帰還。姪浜(福岡市姪浜)の袖浜に上陸されました。香椎宮(福岡市香椎)にて、御産所をどこがよいか占うと「蚊田の邑」(宇美)となったのでその地へ向かうことに。

からの

道のそばの川で手を洗われたので、その地は「御手洗」とよばれるようになり、方角を尋ねられたところが島のように小高いところだったので、「方ヶ島」に。

陣痛が起き「はらいた」と言われたので、「原田」。

道端の石に腰掛けて「日を守りたまいて(太陽をじっと見て)今何時か」と尋ねられたので、この石を「日守石」。

そんなこんなで神功皇后は「蚊田の邑」に到着して無事に応仁天皇を出産されたのでした。

ど、どうよ、このお話。
全てを地名にしてしまうカリスマ、それが神功皇后。ちなみにHPの挿絵がかわいかったです。

で、こちらが社殿。↓

うねうね狛犬。↓

ちらちらっ。↓

記念碑にはこんな記載。↓

御手洗地区は梅雨になると宇美川が氾濫して大災害。福岡県による改修工事で、河川敷になってしまう本殿拝殿を、約10メートル東へ移転しました。

とのこと。

かつてはこちらの宇美川のあたりに鎮座していたということでしょう。↓

亀山八幡宮との関係は分からなかったけど、仕方ない。完。


【御手洗八幡宮】

福岡県糟屋郡志免町御手洗2丁目8-20