出会いは忘れたころに【福岡市埋蔵文化財センター】

以前、御笠川沿いで見つけた案内板の↓

「人面墨書土器」の姿そして佇まいにときめいた私は↓

そのままの足で「仲島遺跡」へ向かい↓

さらに「大野城心のふるさと館」を訪ねたのでした。(→やばやばのやば【人面墨書土器/仲島遺跡】)↓

なんとか実物を見てみたい!

しかし「人面墨書土器」は、別の展示のためにお出かけ中とのこと。私はいつも間が悪いんです。↓

残念だけど仕方がないね、とか言ってるけど、私はその後「人面墨書土器」のことはすっかり忘れてしまったのでした。↓

そして先日のこと。



博多区井相田という地区に【福岡市埋蔵文化財センター】なる施設があると聞きましたので↓

なんとなく訪ねてみることにしたんです。↓

この施設は説明書きによりますと

福岡市内から出土した埋蔵文化財を収蔵・管理するための施設

とのことで↓

館内には、文化財の保存処理の方法なんかが、詳細に解説されていました。↓

奥の展示室では、「疫病に負けるな 福岡の場合」という特別展示が開催されていて↓

九州での疫病の歴史が紹介されていました。↓

ふーんとか言ってぼんやり見ていた私は↓

突然あっとか言っておっとか言ってしまったのでした。だってほら、『人面墨書土器』。割れてるけど。↓

解説を読んでみますと↓

古代、人々は災いから逃れるために、人形や土器を一撫で一吹きして、自分の罪や穢れを移して、水に流し落とす「祓」を行いました。

そして↓

奈良時代には儀式は制度化され、都や国府では盛大に行われました。

とのこと。他にも猿面の展示や↓

鬼瓦の展示もあったんですけど。それは置いておいて↓

出会いはいつも突然。まさかこんな場所で。でもね、やっぱり割れているのが気になります。おや!?私ピンときましたよ。今日は冴えてます。↓

そうです。『大野城心のふるさと館』のことを思い出したのでした。ということで、さっそく再訪してみることに。↓

そしたらさ↓

ほら。きたこれ。↓

そして、こう。↓

からの、こう。↓

館内のグッズ売り場には、『人面墨書土器』のレプリカが売ってました。欲しいっちゃ欲しい。


【福岡市埋蔵文化財センター】

福岡市博多区井相田2丁目1-94