名前がイカついとビビりがち【黒男神社】

大野城市を通る新川緑地(お小夜のことで訪れました)から

少し脇に入った小道沿いに

【黒男神社】があります。

住所は大野城市下筒井。もともとは筒井村と呼ばれていた土地です。

黒男ですよ。名前がいかついですね。

日焼けサロンに通うオラオラな男たちが全国各地から集う場所。
そう思う人がいるかもしれない。



もしくは、間(はざま)黒男ことブラックジャックを思い浮かべる人もいるかしら。

創建の時期は不明。

ご祭神は息良帯日賣命(神功皇后)そして武内宿禰命。

境内には、石神の阿波嶋大明神(あわしまだいみょうじん)と

道祖神の塞大神(さいのおおかみ)が祀られています。

いつものように案内板を読みますよ。

遠い昔に翁が歩いていました。
すると雲に乗った息長帯比売命という女神が現れました。

女神は言います。

忘れ去られつつある三韓征伐の出来事を留めておくために神社を建立してほしい。

わたし、みんなのこと守るから。

そんな由来を持つ神社。

さて、この【黒男神社】には盗人の宮という別称があります。
おやおや穏やかではありませんね。

どういうことかといいますと…。

黒田藩主、黒田長政のときのお話し。

博多に住む、とある若者が、盗人の濡れ衣を着せられました。

自分は無実だと訴えますが、聞き入れられません。そこで、自ら犯人を見つけ出そうと考えました。

しかし役人から追われる身。命からがらこの雑餉隈の地へ流れ着いたのです。

そして森の中へ身を隠したのでした。

するとそこには天神様の祠が。

天神様!!そうです。無実の罪で大宰府へ流された菅原道真。見事に自分の状況とシンクロするではないか。

涙ながらにお祈りをすると、無事に真犯人を見つけだすことができたのでした。

かなり急展開すわ。

どうやって真犯人を見つけたのか!?ドラマだとそこが盛り上がる場面では!?
まあ、細かいことを言う人は嫌われがちですからね。おっけおっけ。

そんなわけで、盗人の宮とよばれているのです。

てことはですよ。

逃亡中にめちゃくちゃ日焼けしたから黒男!?
実はその若者の名前が黒男!?

名前の由来は分かりませんでした。気になりますけど。
ま、オッケーです。



【黒男神社】

福岡県大野城市筒井2-2-5