名前がイカついとビビりがち【黒男神社】

大野城市を通る「新川緑地」から(→私たぶんお小夜のこと知らない【白木原地蔵尊】

少し脇に入った道沿いに

【黒男神社】が鎮座しています。

住所は大野城市下筒井。もともとは「筒井村」と呼ばれていた地区。

黒男という名前。それは例えば。

日焼けサロンに通い、金のネックレスを100個くらい首からさげた強面の男たちが、全国各地から集う場所。そう思う人がいるかもしれない。

はたまた、「間黒男」ことブラックジャックを思い浮かべる人がいたら、私はそっちのほうがいい。

説明書きの石碑がありましたので↓

読んでみます。↓

創建の時期は不明。ご祭神は「息良帯日賣命(神功皇后)」そして「武内宿禰命」。

また境内には、安産祈願の「阿波嶋大明神(あわしまだいみょうじん)」と↓

道祖神の「塞大神(さいのおおかみ)」という↓

二つの石神が祀られています。とのこと。

こちらには由緒書きがあって↓

読んでみると、こんな具合。↓

遠い昔、とある翁が歩いていました。すると雲に乗った美しい女神が現れました。

女神は言います。

私は息良帯日賣命(神功皇后)だよ。忘れ去られつつある三韓征伐の出来事を留めておくため、鏡を神器として神社を建立してほしいな。

そしたら私、みんなのこと守るから。

そんな由来を持つ神社。

ところで、この【黒男神社】には「盗人の宮」という別称があるそうなんです。穏やかではありませんね。

それはどうやらこういうことみたい。↓

黒田藩主黒田長政のときのお話し。博多に住む、とある若者が、盗人の濡れ衣を着せられました。

自分は無実だと訴えますが、聞き入れられません。

そこで若者は↓

自ら犯人を見つけ出そうと考えたのでした。しかし役人から追われる身。命からがら「大野城市筒井」の地へ流れ着きました。

そして↓

森の中へ身を隠すと、そこには天神様の祠が。

ここで若者ははっと気づきます。↓

天神様!!それはつまり道真公。無実の罪で大宰府へ流されたその姿が、今の自分の状況と奇跡のシンクロ!!

若者は涙を流してお祈りをしたのでした。

そしたら、真犯人見つかったよ!!

そんな言い伝えから『盗人の宮』と呼ばれているらしい。

それじゃあね、肝心の『黒男』という名前はどこからきているのかしら。

若者の名前が黒男だったとか!?逃亡中にめちゃくちゃ日焼けしたから黒男なのか!?

残念ながら、黒男の由来は分からなかったんだな。完。


【黒男神社】

福岡県大野城市筒井2-2-5