古墳で凧揚げ【光正寺古墳】【七夕池古墳】

先日、【勝田線】の跡を辿っていたときのことです。(→志免駅から宇美駅まで辿ってみた【勝田線4/5】)↓

宇美町と志免町の町境でたまたま見かけた【光正寺古墳】を訪ねてみることにしました。(同日)↓

場所は宇美町の北西部。史跡公園として整備されています。↓

出入り口はいくつかあるらしく、こちらの緑道沿いには5分の1サイズの模型がありました。↓

周囲は住宅地。その中にドンと誇示する存在感がステキです。↓

1996年から1998年にかけて発掘調査が行われたとのこと。

墳丘の全長は約54m 、後円部径は約34m 、前方部長は約20m。糟屋郡内では最大にして最古の前方後円墳らしい。

前方部2段築成、後円部3段築成。それはつまり、古墳の形状が段々になってるってこと!?かしら、多分。

そして3世紀後半(古墳時代前期)に築かれた古墳であると。

こうしたことから、この【光正寺古墳】は「不彌(ふみ)国」の王墓なのではと考えられています。(諸説有)

「不彌国」とは『魏志倭人伝』に記述がある『倭国』(日本)の中の「奴国」の隣にあった国のこと。

不彌(ふみ)←→宇美(うみ)なんて説もあるのだそう。

こちらは公園上部の出入り口。↓

墳丘の上に上ることもできるので、さっそく!

案外高くて、ちょっと怖い。

「後円部」へ行くとギャルが凧揚げ中。

この「後円部」には埋設施設があって、箱式石棺3基・割竹形木棺1基・土器棺1基が存在していたとのこと。

こっちは「前方部」。↓

この【光正寺古墳】から北側に200mほど行くと【七夕池古墳】があります。↓

【七夕池古墳】は径29m・高さ3m・3段築成の円墳。

そして幅3.5mの周溝。4世紀後半に築かれたそうです。

木棺内には40代くらいの女性が埋葬されていて、副葬品も多々見つかっているとのこと。

ずばり!!あっちから見えたんだから、こっちからも見える。

そして凧揚げはとっくにおしまい。


【光正寺古墳】

福岡県糟屋郡宇美町光正寺3丁目4537-11

【七夕池古墳】

福岡県糟屋郡志免町田富3丁目118