雉の子の尾っていう名前【雉子ヶ尾古墳】

先日、福岡県大野城市乙金地区にあるときいた【雉子ヶ尾(きじがお)古墳】を訪ねてみました。↓

3号線から左へ曲がって↓

東へ向かいます。↓

しばらくゆるやかな坂道を上っていくと↓

通りの突き当りに高架があって、これは九州縦貫自動車道。

このトンネル手前で左へ曲がると、住宅地が拡がっている。↓

その住宅地の並びに、どーん。古墳です。【雉子ヶ尾古墳】。きじがおこふん。↓

近くへ寄ってみます。↓

古墳そばの案内板には↓

こんな記載がありました。↓

大野城市の乙金地区には四王寺山、乙金山からのびる丘陵に多くの古墳が造られ、こちら【雉子ヶ尾古墳】もその一つ。南向き丘陵斜面を利用し、一番高いところで標高約51m、直径約10m、周溝幅約1mの円墳です。今から約1300から1400年前に造られた当時の有力者の墓です。

また↓

この場所は土地区画整理事業地の南端。周囲には他にも集落や須恵器窯跡などの文化財があったけれど、もうありません。

とのこと。整備前の状況。ワイルドな感じ。↓

円墳模式図。↓

ベンチにも座ってみたよ。↓

裏に行けるのか見てみると↓

ちゃんと行けるんだな。↓

説明書きがありましたので↓

読んでみると、こんな具合。↓

【雉子ヶ尾古墳】は横穴式石室。石室全体は南北に延び、南側が開いている。全長約6.9m。

羨道があって、全室があって、玄室があるという形。それが横穴式石室なのだ!!とのこと。↓

こちらは模式図。分かりやすい説明です。助かります。↓

じゃあ実際の入り口はっていうと↓

こうなっているんだな。↓

そして後ろに聳えるは大城山。↓

次回に続く。(→スタート地点でいきなりコケガチ【大野城総合公園】


【雉子ヶ尾古墳】

福岡県大野城市乙金27