警固神社と警固神社【警弥郷警固神社】

先日、福岡市中央区天神の真ん中にある【警固神社】を訪ねたわけですが
(→つい通り過ごしてしまいがちな系【警固神社】

今回は、南区にある【警固神社】へ行ってみました。

こちらの【警固神社】がある場所は、南区の『警弥郷』という地域。近くのバス停には『上警固』という地名が書いてありました。↓

バス停からちょっとだけ進んだところに【警弥郷警固神社】が鎮座しています。↓

では鳥居をくぐって境内へ。↓

境内には由来書きの石碑があったので

さっそく読んでみましょう。↓

【警弥郷警固神社】のご祭神は「神直日神(かんなおびのかみ)」「大直日神(おおなおびのかみ)」「八十禍津日神(やそさがつびのかみ)」。

これは【天神警固神社】と同じです。『警固大明神記録』の記述によりますと↓

警固神社は昔那珂郡警固村に祀ってあって、神功皇后が三韓出征の際に勝利を祈り、この三神を下警固村の福崎に祀りました。

それはつまり↓

もともとこの地「警固村」に鎮座していた『警固神社』だけど、神功皇后によって「下警固村」の福崎に祀られました。

こういうこと!?警固村と下警固村が出てきて、ややこしい。ちなみに福崎というのはかつての福岡城本丸辺りの地名。

由来書きはまだ続きます。↓

下警固村福崎の『警固神社』は、福岡城築城のため遷されることになりました。それが現在天神にある『警固神社』です。

また、筑前続風土記にも記述があって↓

上警固の村名は、警固神社が鎮座していたためもしくは警固田があったのが由来。

上警固=警固村=警弥郷ってことでしょう。さらに三大実録というものの記述には↓

警固田からの租税を警固所の雑用に当てました。

とあります。警固所っていうのは、九州博多地方を警固するために設置された役所のことです。

ところで私は今、いったい何の話をしているんだろう!?伝わっているでしょうか。

そこで、以上の情報をもとに、私なりに勝手に「推測」してみると、こんな具合。↓

ここ警弥郷にはかつて警固田があって、警固村があって、警固神社が鎮座していました。その後、下警固村の福崎にも警固神社ができました。その警固神社は福岡城築城のため遷座して、現在の警固公園のところに鎮座しています。でも『警固神社』としては、こちらの『警弥郷警固神社』が先である。

そういうことがこの石碑に書かれているような!?違う!?そっか。

よおーし!!続きはみんなにバトンタッチ!!よろしく頼みます。

私は境内を散策です。こちらは境内社の『天満天神』。菅原道真公を祀っていて↓

ちらっ。↓

案内板もありました。↓

そして『火結大神(ほむすび)』。火の神様なんだそう。↓

拝殿は2階建てみたいな変わった形をしていて↓

そして、こちらの扁額である。↓

さてさて。【警弥郷警固神社】から通りを挟んだそばには【脊振神社】が鎮座していて↓

こちらはその名のまんま、脊振山の『脊振神社』から勧請されたそう。↓

ご祭神は宗像三女神である「多岐理姫命(たぎりびめ)」「市杵嶋姫命(いちきしまひめ)」「多岐都姫命(たぎつひめ)」そして「弁財天」。

初めは海の神である「宗像三女神」を、のちに「弁財天」を背振山頂の『背振神社下宮』から勧請し奉祀したとのこと。

さて、神社境内の隣に

ちらっと鳥居が見えたんで↓

私はぐるっと廻って近寄ってみたよ。↓

現代アート風!!ふぅー!!

【警固神社(警弥郷)】

福岡市南区警弥郷3丁目6-20

【脊振神社】

福岡市南区弥永1丁目3-18