ヤマタノオロチはやっぱ怖い【駕輿八幡宮】

福岡県糟屋郡粕屋町にある【駕輿八幡宮】を訪ねてみました。この難しい漢字は「かよい」と読むんだそうです。

【駕輿八幡宮】は【駕与丁公園】の中にあるので、まずは公園を目指すことにします。かよいちょうこうえん。



『イオンモール福岡ルクル』から『JR長者原駅』の方へ進み↓

細い通りを抜けて↓

しばらく行くと『JR香椎線』の踏切。なんかいい雰囲気。↓

渡るとすぐに【駕与丁公園】の駐車場があって

歩道を進んでいくと右手にはおっきな【駕与丁池】。↓

この【駕与丁公園】の中に、池も神社もドームもバラ園もあるっていう贅沢な仕様になっているらしい。

さらに、なんですけど。公園をぐるーっと1周廻ると、なんと4.2195キロの距離になるそうなんです。ってことは!?つまり!?

10周走ればフルマラソンになるっという!!

でもね、1周走るのも多分無理。めちゃくちゃ公園広いです。むしろ、走るっていう行為自体が最近無理かも!!

とかぶつぶつ言いながら歩いていたら【駕輿八幡宮】に到着です。↓

入り口のところに駐車場があって、鳥居がありますね。↓

鳥居の先には、L字型になっている参道。↓

そこをカクカク進みつつ振り返ってみると、こんな具合。↓

あらステキ。開放感があって、さわやかー。↓

で、こちらが拝殿。↓

狛犬。隣りの小さなあなたはだあれ!?↓

こちらには案内板。↓

読んでみます。↓

このお宮は、神功皇后が応神天皇を出産されるため香椎の宮から宇美八幡宮に行幸された際、この地で休息されたので、ここに住んでいた人々が祭神したのが由来です。

(→ずっと訪ねてみたかったんで01/02【宇美八幡宮】

とのこと。また『駕輿丁』という名前の由来は↓

大化2年(646)、四府と呼ばれる四つの宮庁の一つに『駕輿丁座』(天皇の外出時の乗り物を担ぐ人々の組織)がありました。

「駕」は乗り物を意味し「輿」は御輿(みこし、神のみたま)のこと、「丁」は身分の高い人を運ぶ人々をさします。

この座は豊臣秀吉によって解体されました。

つまり『駕輿丁』というのは、神功皇后の神輿を担いだ人々であり、身分の高い人を運ぶ職業の人々のことをさすみたい。

そして現在、『駕輿丁』という名が残っているのはこの地域だけなのだそうです。

こちら【駕輿八幡宮】のご祭神は『神功皇后』『応神天皇』『玉依姫命』『住吉大神』の四柱神。

拝殿の内側で↓

本殿。↓

【駕輿八幡宮】には、【駕与丁池】にまつわるちょっとした伝説があるそうで

粕屋町のHP内『駕輿丁池伝説』から参照します。↓

駕輿丁池は『筑前三大池』の一つに数えられ「一に白水(春日市・白水池)二に勝浦(福津市・牟田池)三に粕屋の駕輿丁」と唄われていました。

とのこと。そして

周囲4キロメートルのこの池は出入の岬が八つに分かれ「オロチ」が住んでいる。そして一つの入江に一つの頭を出している。泳ぐ者は少なくたまに水死者が出ると、オロチの仕業だと恐れられたのでした。これらの魔除けとして【駕輿八幡】の前の池には、銅製の釣鐘が沈められているとの言い伝えも残っています

このオロチというのは日本神話の『ヤマタノオロチ』。その対策に銅製の釣鐘が有効なんですねえ。

この辺りにも釣鐘が沈んでいるのかしら。↓

社殿そばには灯籠。ハートのマークが隠されているな。↓

そして境内の奥の方には『五穀神』(稚産命、倉稲魂命、保食神)を祀った石碑がありました。

大きな池のそばという立地もあって、爽やかな風が心地よい神社。私の気分も最高潮です。

この勢いで、マラソン行っちゃう!?今なら行けそうな気がします!!ということで↓

次回、4.2195キロの先には感動の出会いが!?(なにもなかったけど)です。よろしくどうぞ。


【駕輿八幡宮】

福岡県糟屋郡粕屋町駕与丁3丁目9