バラの花言葉それは愛そして美【駕与丁公園】

前回、【駕輿八幡宮】を訪ねてみたら、なぜか気分が最高潮になった私。
(→ヤマタノオロチはやっぱ怖い【駕輿八幡宮】

その勢いを借りて、【駕与丁公園】を1周まるまる廻ってみようと決意したのでした。

ちなみに、1周歩くと4.2195キロになる計算だそうで、それはつまり10周廻るとフルマラソンになるということ。

でもね、走るなんてまず無理。歩きだとしても、4.2195キロなんて気が遠くなります。気が遠くなって頭がくらくらしてきます。

しかも、途中でやめることができないってのが、怖さを倍増させるのだ。リタイヤしても、結局自分で歩いて戻ってこなくてはならない。ああ恐ろしい!!

あ!!そんなときのための【駕輿丁座】ってことだったのか!!これどう?

ま、そういう細かいことは抜きにして、さっさと始めますか!!エイエイオー。

公園はものすごくきれいに整備してあります。池に沿って歩道が続き、その歩道には由来書きの碑。↓

ちと読んでみますよ。↓

町民の憩いの場として、遊歩道・水鳥観測小屋・中の島を築き、駕与丁大橋で結びました。平成4年に開園しました。

そのまま進むと↓

交流広場とか↓

ドームが見えてきます。なんだろうと思って近くまで行ったけど↓

いまだに良くわからないんだな。

こっちには駕与丁大橋。ここを渡ればショートカットになるよ。↓

そのそばに気になる案内板を発見。↓

読んでみるとこんな具合。↓

公園整備のさいに、奈良時代の倉庫群の跡が発掘されました。また、塔の中央の柱を支える土台である「塔心礎」が見つかっています。

この場所にお寺があったのではと考えられているのです。

という『駕輿丁廃寺』の説明書きでした。

さて、大橋を横目にさらに進みます。↓

遊歩道にはアスレチックや↓

ばら。↓

そしてこだま橋を渡るのだ。後ろは高速道路(九州縦貫自動車道)。↓

これは水鳥観測小屋。毎日通えば楽しそう。↓

カクカクした橋もあって↓

その先に↓

ステキな↓

バラ園。↓

こういうところに↓

のぼりがち。↓

こういうとこにも↓

のぼりがちなんだな。風車の形の展望台。↓

ここからさらに進んで↓

やまびこ橋を渡ったり。↓

こっちには橋脚だけ残ってる。↓

猫も私も道を譲らない。↓

そんなこんなであっさり1周廻ってきました。

ぐるっと廻って1時間くらいかな。「白水池」「牟田池」と並んで『筑前三大大池』の一つと称される「駕輿丁池」を私は存分に楽しみました。

せっかくだし、いつの日か『筑前三大池』を制覇してみたいな。な!!


【駕与丁公園】

福岡県糟屋郡粕屋町駕与丁3丁目2-1