知ってたつもり01/04【春日小水城(推定)】

先日、ちょっと時間がありましたので、過去に訪ねた「水城跡」の写真フォルダをうっとり眺めていたんです。↓

水城跡といえば、これまで私は「大土居水城跡」だとか(→大土居水城跡の看板はわりと目立つ【水城02】)↓

「上大利水城跡」また(→小水城ゆめあかり広場へ行ってパン【水城01】)↓

「天神山水城跡」(→天神山水城跡は古墳のかほり【水城03】)↓

といった小水城群、そして四王寺山の麓かつ水城跡の東端にある「水城館」を訪ねてみたりしました。(→ここを夢の国と呼ぶ人もいるだろう【水城館】)↓

また、全長約1.2キロといわれる「大水城跡」を辿ってみたこともある。(→水城ゆめ広場にあなたは来ない01【水城07】

そんなわけで、最近の私は、まるで水城王のような雰囲気を出していたのかもしれません。↓

でもね、実際は水城のことちっとも知らないってことが、奇しくも判明したのでした。この写真(天神山水城での想い出)を見てください。↓

「天神山土塁」「大土居土塁」「春日土塁(推定)」「上大利土塁」「水城(大堤)」。お分かりいただけますか。もう少し寄ってみる。↓

「春日土塁(推定)」!?え、待って。私知らない。推定!?ってことで、さっそく他の写真も確認してみることにしたわけです。↓

すると「春日土塁(推定)」に加えて「小倉土塁(推定)」までも!!いやあ知らなんだ知らなんだ。



でもね、どちらも見知った場所っぽいんです。というのも、まず「春日土塁」の場所は↓

春日神社のそばのようです。(→近道の発見それはまさに天にも昇る心地【春日神社】)↓

そして「小倉土塁」の方はというと、その名前から察するに「小倉住吉神社」辺りじゃないかな。(→嫁ごの尻たたき【小倉住吉神社】)↓

次の目的地がこうして決まりました。さあ水城王になるために、私は失われた2ヶ所を取り戻しに出かけたいと思います、次回から。


【奴国の丘歴史公園】

福岡県春日市岡本3-57