ここもあそこもだいたいなにかしら【国分瓦窯跡】

前回の続きです。(→たびととタビットとれいわ姫【太宰府市文化ふれあい館】)↓

前回、私は太宰府市国分地区にある『太宰府市文化ふれあい館』を訪ねました。↓

その道すがら、ふと見かけた案内板に、『国分瓦窯跡』なる文字を見つけましたので↓

訪ねてみましたよというお話しです。こんにちは!↓

さて『太宰府市文化ふれあい館』を出て、右へと続くゆるやかな坂道を進むと↓

通りの角のところに説明書きが立っていて↓

『瓦屋根』と書いてあります。瓦!?さっそく読んでみます。↓

「文化ふれあい館」北側の屋根は古代の大きな建物で使われた屋根をイメージして作られています。屋根の形は寄棟造りといわれるものです。隅棟の先端には鬼瓦があって、建物を護る役割です。

こちらがその図。↓

からの屋根!!↓

拡大してみるとこう!!鬼瓦!!↓

では先へ進みます。通りをそのまま真っ直ぐ進むと↓

突き当りのところに案内板が立っていて↓

ここが今回の目的地である【国分瓦窯跡】。↓

読んでみるとこんな具合。↓

「筑前国分寺跡」の北東にある瓦窯跡。側壁・天井部に日干し煉瓦を用いた登り窯で8世紀のものとされています。ここで大宰府政庁や筑前国分寺の創建瓦が焼かれています。

また↓

現在、窯はため池や土の中。以前は少なくとも9基が確認できました。

とのこと。「境界標 内務省」の石碑があって↓

その奥には【国分瓦窯跡】の碑と案内板が立っています。↓

近寄って読んでみますね。↓

【国分瓦窯跡】は谷の斜面を利用して造られた古代の瓦を焼いた窯跡です。谷部分は江戸時代に池になったけど、周縁には9基以上の窯跡が確認されています。

図でいえばこういう具合。↓

参照は続きます。↓

壁と天井を日干し煉瓦で積み上げたのぼり窯です。窯跡の周囲からは、老司式軒丸瓦のほか、縄目や格子模様の平瓦が見つかっています。ここで焼かれた瓦は、筑前国分寺をはじめ、太宰府政庁や観世音寺周辺の屋根に葺かれていたと考えられます。

老司式軒丸瓦!!これはひょっとして福岡市南区の「老司瓦窯跡」で焼かれた瓦のこと!?



知ってる名前が出てくると気分があがります。(→難易度高めな古墳かも【老司古墳】【卯内尺古墳】

こちらは窯跡の様子と老司式軒丸瓦の拓本で↓

緑の向こうには大きなため池が見えます。あの池の下にも窯跡があったとありました。↓

でもね、言われないと、ただの池だしただの原っぱだし↓

全く油断できません。


【国分瓦窯跡】

福岡県太宰府市国分4丁目17-21