私も弥生人を見ていたという【板付遺跡 02/02】

前回の続きです。(→弥生人に見られているケース【板付遺跡01/02】

板付遺跡を訪ねた私はまず、併設する『板付遺跡弥生館』で資料を見たり



「いなほん」そして「ゆぅにゃん」という大事な二人との出会いもありました。↓

弥生館を満喫した私。次は復元されたムラを訪ねてみようと思います。↓

こちらが入り口で↓

車で入るとかありえないですよ!!↓

これは、なんですか。弥生時代を具象化したものとか!?分かりません。↓

ちなみに、お弁当のあれは「ランチャーム」というんだそうよ。↓

では失礼して。ハロー。↓

入り口には説明書きがありましたので↓

さっそく読んでみます。↓

板付遺跡は、縄文時代後期から弥生時代にかけて営まれた集落遺跡。二重の環濠に囲まれた集落と水田跡で形成されています。出土した土器によって、日本最古の稲作集落であったことがわかりました。

こういう位置関係。↓

入り口で↓

周囲に濠。↓

さきほど訪れた弥生館の「なぜなにノート」には、こんな記述がありましたので↓

参照してみます。↓

ムラの周りには深い溝があって、長い方の直径は約108m、短い方は約80mあります。溝が切れている箇所は入り口だったのでしょう。溝の断面はV字型で、深さ3m幅6mとされています。

そして

濠に取り囲まれたムラを環濠集落と呼びます。なぜ深い溝が必要だったのか。敵から守る、区画する。詳しいことはまだ分かっていません。

また、ムラの中にもさらに説明書きが立っていて↓

こう記されています。↓

板付遺跡の環濠集落は弥生時代前期のものです。環濠の両側には土塁をめぐらしています。半月形に区画されている場所は貯蔵穴。住居跡は確認できておらず、竪穴住居を復元しました。

とのこと。↓

ほのぼの。↓

濠は、こういう具合なんだそう。↓

ムラには「子どもたちの墓」があったり↓

方向的にこの辺りかな。↓

さきほど説明があった貯蔵穴は↓

ここらへん?↓

ムラから弥生館を眺める私。↓

公園奥には↓

ムラ長たちのお墓がありました。↓

先輩ちぃぃっす。


【板付遺跡】

福岡市博多区板付3丁目21-1 板付遺跡弥生館