神功皇后も秀吉も隆景も名島に集合【妙見島】

古くからの言い伝えによりますと↓

神功皇后は、ある時にお告げを受けて、ここ東区名島の地から三韓出兵へ向かいました。その際、従軍する兵士たちにそれぞれ名前を名乗らせたのでした。

そして↓

そのことから、この地が『名島』という地名になったといいます。

はい。どうもこんにちは。

さて、前回は【帆柱石】だとか

【縁の石】といった『神功皇后』に関わりのあるお話をしてきたわけですが(→3500万年前はピンとこない【帆柱石】【縁の石】)↓

もう一つ、『神功皇后』にまつわるお話があるんです。それが【妙見島】。↓

案内パネルを読んでみますよ。↓

妙見島はかつて神功皇后の三韓出兵の際、船具を保管した島なり。島が埋め立てられる前は、潮が引くと歩いて渡ることが出来た。

そうなんです。島は埋め立てられていて、今はもう見ることができません。

かつての【妙見島】は、名島海岸から200mほどの沖合いにあり、島のサイズは100m×50m×標高10mほどの小さな島だったとのこと。

さっきの写真から推測すると、あの白いマンション辺りに【妙見島】があったんじゃないかしら。↓

ちょっと近づいてみることにします。正解ならば、島に関するなにかしらがあるかもしれません。

この海岸沿いの『帆柱海岸通り』を↓

右へ向かいます。ここから通りの名前は『帆柱海岸通り』から『妙見通り』に変わるみたいで↓

その岸壁沿いを歩いていると↓

『妙見島』に関するパネルがありました。↓

読んでみるとこんな具合。↓

小早川隆景の名島城時代のお話では、豪商が妙見島で茶会を開き隆景公をもてなした。その茶会で使われた井戸の跡が今でも残っているのだ。

井戸の跡が残っているらしい。また、写真をよくみてみると『太閤秀吉公茶遊井戸跡』と記されています。



つまり、秀吉もここ名島に訪れた際に、この地(妙見島)で開かれた茶会でもてなされたということでしょう。↓

そういえば「神功皇后」も、名島海岸沿いで三韓出征の凱旋パーティーを開いていました。↓

さて、気になるマンションの、その右隣りには『城浜ふれあい公園』があって↓

公園入り口にこんな案内板が。↓

写真を見ても、やはりこのマンションのところが『妙見島』跡だと言えそうです。↓

公園内には、特に『妙見島』にまつわるものは見つかりませんでした。↓

マンションの敷地内にはもちろん入れませんので、海岸沿いからちょっと見てみることにします。↓

あの辺りかなと思ったけれど、違う気もする。分かりません。ギブギブ。

結局、井戸の跡は分からずじまいである。悲しみ。またいつか訪ねてみたいと思います。終わり。


【名島海岸】

福岡市東区名島1丁目29