人は地獄というけれど【東長寺】

先日のことなんですけど、福岡市博多区御供所町にある【東長寺】を訪ねました。↓

大博通りの通り沿いに見える

大きな山門が目を引きます。↓

通りの反対側には『竜宮寺』があって(→人魚には人魚の事情があるだろう【龍宮寺】)↓

そこから【東長寺】を見るとこんな感じ。↓

また、大博通りから一歩奥に入った通りは『御供所通り』といって、ちょうど【東長寺】の裏手にあたります。↓

そしてこちらは『聖福寺』や『妙楽寺』が並ぶ、ザ寺町界隈。(→ういろうは食べる機会が少なくなくない【妙楽寺】)↓

さて、私はずいぶん前にも【東長寺】を訪ねたことがあるんです。つまり「福岡大仏」も「地獄(戒壇)巡り」もすでに経験済。しかも満喫したんだな。↓

そして時は流れた。地獄の恐ろしさもすっかり忘れた今日この頃。もう一度あの地獄を味わいたい。今回はそんな私のお話です。↓

まず、山門そばに案内板がありましたので↓

読んでみるとこんな具合。↓

寺伝によれば大同元年(806)、唐から帰国した空海の創建とされます。兵火により一時荒廃しますが、福岡藩2代藩主黒田忠之により再興。境内には堂内扉に仙厓和尚の他、当時の文人の書画が刻まれた六角堂(天保13年建立)や福岡藩主の墓所があります。

そして↓

本尊の木造千手観音立像は国の重要文化財。平成4年(1992)には、木造座像としては国内最大級の『福岡大仏』が建立されました。

とのこと。また【東長寺】は、福岡藩主黒田家の菩提寺でもあるとのこと。↓

山門隣りにたつ石碑には「弘法大使開基 密教東漸日本最初霊場」と刻まれています。

これは↓

唐で学び帰国した空海(弘法大使)が、日本で最初に開いた密教寺院【東長寺】

ということみたい。ん?石碑の下のこれはなに。亀!?ではない?亀?↓

それでは、山門をくぐって境内へ向かいます。『南岳山』の扁額。↓

ちらっ。↓

ちらちらっ。↓

のんびり静かな空気が流れています。↓

おやまあ、福岡大仏の案内を発見。あとで再訪問しますよ。↓

左奥へ進んでみます。こちらが案内板にあった『六角堂』。↓

そばの説明書きを読むと↓

こうありました。↓

博多の商人豊後屋栄蔵は、浄財を募り堂宮大工伊藤平左エ門を招いて施工しました。礼拝しやすいように正面を広くしている変形の形、内部には六体の仏像が安置されています。

こちらは本堂。↓

ちょっと失礼して。↓

こちらはお地蔵様。↓

五重塔はきらきらしていてまぶい。↓

「五重塔概要」。↓

さらに奥には、福岡藩藩主のお墓が並んでいて↓

案内板にはこう記してありました。

【東長寺】は空海が博多の海辺に建立した密教寺院。志摩群志登村に一時移ったあと、現在地に移転。

そして↓

忠之の墓前には殉死した5名の墓碑である五輪塔。長政はじめ他藩主の墓所は、博多区千代の崇福寺北そして東京。

とのこと。↓

左から2代目忠之の墓と五輪塔。↓

真ん中は3代目光之の墓で↓

そして右が8代目治高の墓。↓

さてさて。それでは、大仏を拝みに庫裏の2階へ向かうことにしましょう。

再度のご対面だけど、私のこと覚えてくれているかな!?対面の後には「地獄めぐり a.k.a 戒壇巡り」もあるよ。↓

拝観料は50円、そして撮影は禁止です。



2階に上がると、いきなり大仏がチラ見え。高さ10.8メートル、重さ30トン。

こういう表情だとは気付きませんでした。ほら、なにせデカいからさ。↓

対面後に再挑戦した、地獄巡りモトイ『戒壇巡り』のほうは、確かに地獄。真っ暗闇の部屋をを手すりのみで歩くんです。

でも泣いちゃうほどの地獄感はなかった。これならなんとかなりそう感というか↓

やっていけるかもしれない感がある地獄でした。

しかも地獄のあとは極楽だから。みんな一安心。


【東長寺】

福岡市博多区御供所町2-4