どこ中とか聞かれても絶対答えん【住吉神社02/04】

前回の続きです。(→私は南からあなたは西から【住吉神社01/02】

前回私は、福岡市博多区の住吉地区に鎮座する【住吉神社】を、南門をくぐって訪ねてみたわけですが↓

今回は、【住吉神社】西門の方から境内へ向かってみたいと思いますよ、はいどうもこんにちは。↓

ではさっそく向かいますよ。福岡方面から博多方面へ住吉通りを進みます。↓

そして那珂川に架かる柳橋を渡る手前のところで↓

今回は左の小道へと入っていきます。↓

しばらく進むと、こちらにも橋が架かっていて、これは「住吉橋」。↓

橋のたもとには「稲光弥平顕彰の碑」なるものが建っているよ。(→石碑も橋の一部だったという可能性【稲光弥平顕彰の碑 】)↓

それでは、こちらの「住吉橋」を渡るでござるよ。↓

渡った先には石燈籠的な!?ここは、もうすでに参道ということなのかな。↓

せっかくなので近づいてみたり。↓

また、石燈籠のそばには「春吉中」と刻まれた石碑。これは通りの左右に一つずつ。でもね、これがどういう意味なのかは分かりません。ごめんね。↓

とりあえず振り返って裏側を見てみたら、こんな具合になっていました。↓

さらに、こっちの石碑には「住吉宮鳥居跡」と記してありました。↓

さて、参道を先へ進むと、通りの真ん中に池。『天竜池』。↓

そしてここにも「春吉中」の石碑が左右に一つずつありました。↓

では、天竜池に架かる小さな橋を渡って↓

あ、あぶない!!↓

こちらに鎮座するのが【天津神社】。↓

ご祭神は「伊弉諾大神」。↓

池の雰囲気はこんな感じで↓

こちらには「住吉中」の石碑。あんたどこ中出身?みたいな?地元の先輩後輩的な!?↓

石碑そばには説明書きがありましたので↓

さっそく読んでみるとこんな具合。↓

天竜池。その昔、満潮時には塩原の辺りまで海の水がさかのぼり、この池にも達しておりましたので、汐入池ともよばれ、伊弉諾大神が禊祓をした霊池と伝えられます。創建年代は不詳。

とのこと。



塩原についてのお話はこちらも是非!(→小さな丘に眠る太郎坊【石投げ地蔵】)↓

さて、池の先には通りがあって、その通りを挟んで向こうに見えるのが【住吉神社】の西門。↓

ちなみにこの通りは住吉宮前通りといって

そのまま右へ進めば↓

住吉通りに合流します。↓

それでは、通りを渡って↓

ようやく『住吉神社西門』に到着です。↓

境内へ入る前に!続きは次回ぜよ!よろしくどうぞ。


【住吉神社】

福岡市博多区住吉3丁目1-51