アイデアがそれはもう沸々と【博多町家寄進高灯篭】

前回、福岡市中央区の「住吉橋」を訪ねました。

訪ねたというか、通りかかった時に「住吉橋」のたもとに石碑を見つけたんです。(→石碑も橋の一部だったという可能性【稲光弥平顕彰の碑 】)↓

今回はその続き。【住吉橋】を渡ります。と見せかけて渡らないのだ!!↓

那珂川沿いをもう少し北上すると↓

「なだのかわ橋」が那珂川に架かっているので、そこを渡ります。↓

橋の上から北を見ると、右手向こうに↓

巨大商業施設『キャナルシティ博多』が見えますね。↓

そっちへ向かて進みますよ。↓

この『キャナルシティ博多』の、通りを挟んだ前の川沿いは↓

緑地整備されていて「清流公園」という公園になっています。↓

その園内の先っぽというかお尻のところに、大きくて古めかしい灯籠が建っている。高さ約10メートルの石灯籠。↓

ここが今回の目的地。【博多町家寄進高灯籠】。



ではさっそくと、「博多川」に架かる↓

「夢回廊橋」を渡って↓

灯籠へ寄ってみる私。↓

さらに北を見つめると、そこはthe nakasuで↓

こっちは那珂川。↓

園内はわりとのんびりした空気が漂っていて↓

ここは中洲の最南端という位置らしい。↓

説明書きがあったので読んでみると↓

こんな具合です。↓

博多誓文払いの創始者として知られる漬物屋の八尋利兵衛は地域振興の試みとして中洲から住吉にかけての那珂川堤を整地し、桜を植えて、遊園地『向島』を開きました。

そして↓

この灯籠は開園を記念して明治33年(1900)に建設されて住吉神社に寄進されたもの。灯籠には建設に協力した福博の商家や魚市場の人々の名が刻まれ、貴重な資料とされています。旧園地の市街地化により、明治25年(1954)に、清流公園内の現在地に移されました。

とのこと。さらに色々調べてみると、上川端商店振興組合HP内の記事には(参照させていただきます)↓

灯籠は常夜灯としてもちろん、広告塔としての役割も果たしていました。利兵衛は明治期の商人で、14歳から博多の呉服屋で店員修行をし、30歳で漬物店・八尋金山堂を開きました。
名が知られるようになったのでは、年に一度の大安売りとして博多でせいもん払いを始めたからです。

また↓

中州に8角形の木造8階建て、高さ30㍍ほどの高層楼「高砂館」を立ち上げたり、那珂川での花火大会を始めたのも利兵衛です。この花火大会は会場を中央区大濠公園に移して「西日本大濠花火大会」へつながりました。1921(大正10)年に没し、順正寺(博多区祇園町)に眠っています。

とありました。ちなみに「向島」は現在のキャナルシティの場所にあったとのこと。↓

こっちの石碑には「移築主旨」が刻まれていました。↓

灯籠の側面には色んな人や団体の名が刻まれているんだけど、なんだかおしゃれ。↓

見上げてみれば、こう。↓

「那珂川」はこの灯籠のある中洲南端で左「那珂川」と右「博多側」に分かれています。さっき言ったか。完。


【博多町家寄進高灯篭】

福岡市博多区住吉1丁目4-8(清流公園)