やまださんも無茶はいけない【二日市八幡宮】

鹿児島本線に乗って【二日市八幡宮】へ向かいました。

まずJR二日市駅で降りて、駅前の通りを左へ抜けていきます。

日田線の通りに沿って歩いていくと、歩道橋があって↓

その向こうのほうに鳥居が見えてきます。

でもね、その前に、私は気になるものを見つけてしまったのでした。それが、こちらの砲弾。↓

ずいぶん高いところにあるもんだなあ。私は【仲島地禄神社】のことを思い出していたのだった。
(→砲弾がある神社【仲島地禄神社】



この砲弾も、日露戦争に関係したものなのかな。

ところで、こちら【二日市八幡宮】は、JR二日市駅と西鉄二日市をつなぐ「二日市中央通り商店街」の真ん中辺りに鎮座しています。

そして、その商店街側に表の鳥居があるらしい。つまり私が辿り着いたこちらの鳥居はどうやら裏側。↓

あべこべになってしまいますが、鳥居をくぐってこちら(裏側)から境内へ入ります。↓

狛犬。↓

社務所でしょうか。↓

で、拝殿。↓

由来書きがありましたので、読んでみますね。↓

ご祭神は「応神天皇」「神功皇后」「玉依姫命」。御鎮座から千四百余年。社殿は、黒田忠之公の建立。大分県の宇佐八幡宮の分霊を祀っています。

縁結び・安産・家内安全・開運の神として尊崇されご神供の銀杏は災難消除の霊験があります。

とありました。

ご神木の銀杏の木。↓

説明書きによりますと↓

天正14年(1586年)島津義久率いる薩摩勢は高橋紹運の岩屋城を攻め落とし、その帰りにこの銀杏の木を切り落とそうとしました。

そこへやまだ家の老婆がやってきて木に抱きつき「木を切るなら私を切りたまえ」と言い放ったので、みなテンションだだ下がりで立ち去ったのでした。

という言い伝えがあるそうです。

そばには御神馬。撫でると色々いいことあるみたい。↓

こちらには御潮井台。↓

そして境内社。↓

こちらが一の鳥居ってわけ。↓

この商店街の通りから↓

ほんとにすぐそばの場所。↓

そういえば、あの砲弾って、結局なんなのだろう。気になるんだけど、多分すぐ忘れる。↓


【二日市八幡宮】

福岡県筑紫野市二日市中央3丁目6-35