詠ったことのない歌を詠おうか【二日市温泉】

先日のことです。日田街道を辿って、福岡から二日市までやってきた私。↓(→それはつまり小学校 on the road【日田街道11】)↓

ちょっと温泉にでも寄ってみましょうってことで、今回はそのお話をしたいと思います。↓

二日市商店街をまっすぐ突き抜け↓

左へ曲がって『JR二日市駅』へ進みます。↓

すると駅舎のそばには、こんな石碑が立っていました。↓

『佐藤栄作先生之景徳碑』。鉄道官僚そして首相も務めた佐藤栄作が、25歳のときに二日市駅の駅長を務めた、その記念の石碑ということらしい。↓

駅前には他にも石碑があって↓

こっちの石碑は『野口雨情文学碑』。↓

そこにはこう記されているて↓

山じゃ天拝月見の名所 梅じゃ太宰府天満宮 梅と桜は一時にゃ咲かぬ うすらおぼろの夜がつづく 今日は武蔵の温泉泊まり 旅の疲れを湯で治す

味わいがあって、なんだか素敵。



石碑そばには、とにかく目立つ二日市温泉の案内板も立っていて↓

私はここへ寄り道しようというわけ。温泉に入りはしないんだけど、観光っつの、そういった気分なのだ!!↓

さて、二日市駅をそのまま通り過ぎて↓

JRの踏切を渡り↓

さらに進んでいくと↓

二日市温泉の案内板が出ていて↓

つまりこの通りに温泉宿が並んでいるということ。↓

こちらは御前湯で↓

そのトイメンには博多湯。↓

温泉の効能。冷え症、筋肉痛などなど色々。↓

御前湯を正面から見て↓

近くへ寄ると御前湯縁起が立っている。↓

読んでみるとこんな具合。↓

二日市温泉は653年に武蔵寺の創建者である藤原登羅麿が薬師如来のお告げによって開いたとされています。古来より皮膚病や火傷に効くとされ、大宰府政庁の役人のための施設もあったとのこと。

また↓

御前湯は福岡藩家老立花勘左衛門が整えたものとされていて、一般人の入浴は禁止されていました。その後、1871年より一般にも開放されました。

さらに通り沿いには↓

薬師如来。↓

二日市温泉の由来書きもありました。↓

こんな感じ。↓

昭和25年に、現在の二日市温泉に改称。武蔵寺創建にゆかりのある藤原虎麿が薬師如来の霊夢により「東へ行ったら、温泉が湧くだろう。そこで身を清めれば、娘である瑠璃子姫の病気は治るだろう。」とのお告げを果たしたのが由来。

こちらは大伴旅人の碑で↓

こういうことなんだそう。↓

「湯の原に 鳴く葦鶴は わがごとく 妹に恋ふれや 時わかず鳴く」。この地で妻を亡くした旅人が、その悲しみを、湯の原に鳴く鶴の姿に重ねたもの。

そして大丸別荘。↓

ここも通り沿いに碑がたっていて↓

ちゃんと説明書きもあって↓

読んでみるとこうありました。↓

明治新政府で太政大臣となった三条実美は、維新前に太宰府で過ごし西郷隆盛や平野國臣といった勤王派と倒幕の策を練ったのでした。

そしてそんな時に詠ったのが↓

「ゆのはらに あそぶあしたつ こととはむ なれこそしらめ ちよのいにしへ」。

通りのさらに奥には小川が流れていて↓

そばに猿田彦。↓

振り返るとこんな具合。↓

また、通りの向かいには、こんな石碑が立っていて↓

近づいてみると↓

説明書きにはこうありました。↓

明治維新まえに太宰府に西遷した五卿の一人である三条西季知が二日市温泉で詠ったのが「けふここに 湯あみをすれば むら肝の 心のあかも 残らざりけり」

詠わずにはいられない!!二日市温泉には歌人の琴線をくすぐる不思議な魅力があるみたい。↓

帰り際にも、そばのマンション前に↓

こんな石碑が立っていて↓

これは高浜虚子が詠んだ一句。「更衣したる 筑紫の 旅の宿」。


【二日市温泉】

福岡県筑紫野市湯町2丁目4-13