二の丸とか三の丸とか言われても知らん【福岡城08】

前回の続きです。(→あれもこれも全部たもん【多聞櫓/福岡城07】)↓

前回と同様に、今回も「護国神社」前のバス停から福岡城散策を始めたいと思います。↓

??え待って?確か集合場所は「舞鶴公園入口」だった筈だけど!?↓

ええ、そうなんです。その通り。つまり、これはひっかけ問題だったのだ!でおなじみの私です。こんにちは。↓

ではさっそく、バス停前の池のところからスタートして「舞鶴公園線」のゆるやかな坂道を進んでいくことにします。↓

左の向こう側には「福岡市美術館」が見えていて↓

反対の右側には、ああ美しい『多聞櫓』が顔をのぞかせている。↓

さらに進むと藤棚があって↓

その左奥には「名島門」。(→追い廻され門ともいえる【追廻門/福岡城03】)↓

通りの向かいには『舞鶴公園』のプレートが貼ってあって↓

ここを真っ直ぐ進めば「鴻臚館広場」へと続きます。(→館館と鳴いている【鴻臚館跡展示館/福岡城06】)↓

今回は『舞鶴公園』のプレート脇からグーンとのびている↓

こちらの坂道を上って『天守台』を目指したいと思います。↓

そばに案内板がありましたので↓

読んでみるとこんな具合。↓

福岡城は黒田長政が7年をかけて築いた城の跡。『天守台』を中心にして「本丸」「二の丸」「東西の三の丸」からなり、周囲を掘で囲む構造。47の櫓のうち「多聞櫓」「祈念櫓」「伝潮見櫓」は現在でも見ることができます。

そして↓

藩主ゆかりの地である「備前国福岡」にちなんで福岡城。別名「舞鶴城」とも呼ばれています。

またそばには『三の丸(松ノ木坂)』の説明書きもありましたので↓

もちろん読んでみます。↓

現在地は三の丸の「松ノ木坂御門跡」へ続く入り口にあたり、ここから「二の丸」「本丸」「天守台」へと城内を登っていくルートの一つでした。ここ「三の丸」には藩主を支える家老たちの屋敷群がありました。

それでは「三の丸」から坂を上って「二の丸」へと進みます。↓

上り終えたこちらのスペースが「二の丸」。



そしてあの石垣の上が「本丸」ということですよね。↓

左右に分かれる「二の丸」を、まずは左へ。こちらは現在、梅園として整備してあるのだそうで↓

ちなみに右へ進むと「南の丸(多聞櫓)」へと続きます。(→あれもこれも全部たもん【多聞櫓/福岡城07】)↓

さて「二の丸」すぐのところには↓

「大組櫓跡」があって↓

そのまま梅園(二の丸)を突き進んでいくと↓

左側には下る坂。そして↓

右側には、上る石段。↓

この下り坂は↓(下った場所から振り返った図)

「扇坂御門跡」というんだそうで↓

そばに案内板がありましたので↓

読んでみるとこんな具合です。↓

【二の丸(二の丸御殿・水の手・お綱門)】。福岡城の「二の丸」は大きく「二の丸」「東二の丸」「南二の丸」に分かれ、現在地は「東二の丸」にあたります。現在は運動場になっている北側まで石垣があって「二の丸御殿」が建っていたようです。その南側は貯水池となる「水の手」でした。

また↓

「東二の丸」から扇坂を抜けると現在は梅の名所として知られる「二の丸」へ続きます。

私は逆の流れで歩いているので、「二の丸」から「東二の丸」へ向かっているというわけです。参照はまだ続きます。↓

この「扇坂」の近辺にかつて「お綱門」と呼ばれる門がありました。(「お綱門」=「扇坂御門」なのか「お綱門」=「東御門」なのか、はたまた別の門なのか諸説あり)
門柱に触れただけで熱病に冒されたり、夜中にうなされたりするといわれたその門には、恐ろしくも哀れな言い伝えがあったのだ!!

これはシンプルに言っていまうと↓

愛人にどっぷりはまってしまい、妻と子を捨てた夫を、文字通り「や」ってやろうと、城までやってきた妻のお綱。しかし斬りつけられてしまい、城門そばで息絶えてしまいました。

そんな哀しいストーリーを、私は東区箱崎で聞いていたのであった。(→お綱の気持ちと采女の気持ちどうなん【枯野塚】)↓

さて、その「扇坂御門」を抜けるとその先には広い運動場が見えます。先ほどの説明では、この運動場の地に「二の丸御殿」が建っていたとありました。↓

その運動場から右手を見てみると、なんだか工事中。↓

これは残念!『祈念櫓』との出会いはまたいつか。↓

ここからさらに真っ直ぐ進んでいくと↓

左手に「東二の丸跡」の石碑があって↓

ここからは「平和台陸上競技場」がいい感じで見えます。↓

そして石碑のちょっと先には「烽火(のろし)番所跡」があって↓

その脇から、下り坂がのびています。↓

さっそく下ってみると、石段のそばに「東御門跡」の石碑。そうそう。その通り。御名答です。↓

こちらは、以前訪れた『鴻臚館跡資料館』そして『福岡城れきし探訪館』のすぐそばにあったあの「東御門跡」なんです。↓

いやあ、戻ってきた感がすごい。館だけに!それはさておいて、「三の丸」と「二の丸」はこちらからでもつながっているんですね。↓

と、きりがいいところですので、今回は以上でおしまい。↓

次回はここから再び「二の丸」へ戻り「本丸」そして「天守台」へ。さらにそこから「天空」へフライハイ、はしないけど。↓

集合場所はここ「東御門跡」で。↓

よろしくどうぞ。続きはこちら!(→思ってたのと違うのがいいんじゃん【福岡城09】


【福岡城】

福岡市中央区城内