館館と鳴いている【鴻臚館跡展示館/福岡城06】

前回の続きです。(→パネル写真は撮りたい派【福岡城むかし探訪館/福岡城05】

前回、私は「鴻臚館広場」近辺をふらふらと徘徊し、そばにあった『福岡城むかし探訪館』を見学したのであった。↓

そして今回は、広場の先に見えている【鴻臚館跡展示館】を訪ねたいと思います。館と館で「館つながり」!!やば!!↓

さて、その【鴻臚館跡展示館】の手前には大きな石垣があって↓

その石垣の手前のところに案内板がありましたので↓

読んでみますね。↓

福岡城は黒田長政が7年がかりで築城しました。現在の舞鶴公園にあたる内城は「天守台」「本丸」「二の丸」「三の丸」の4層に分かれ、また47もの櫓がありました。

そして↓

現在地の「東御門跡」は「三の丸」と「二の丸」をつなぐ門で、ここから「二の丸」「本丸」「天守台」へと城内を登っていくメインルートでした。「三の丸」には藩主を支える家老職の屋敷群がありました。

地図もあったので参照します。↓

ちなみに、これまで辿った場所を赤ラインで引いてみたよ。↓

今いる「三の丸」から「東御門跡」を抜けて↓

「二の丸」へと続く階段はこんな感じ。「二の丸」のお話はまたのちほど!↓

それでは「三の丸」へ戻って、【鴻臚館跡展示館】を訪ねようかって思ったところで!



私は、館の前のフェンスになにか貼り付けてあるのを見つけたんです。↓

「史跡 鴻臚館跡パート1」と書いてあって、これはつまり、館内へ入る前の前準備。【鴻臚館】に関する基本的な情報が書いてあるみたいです。そこで私は真剣な顔をして読んでみることにしました。↓

【鴻臚館】は外国からの賓客をもてなすための施設で、「平安京」「難波」「筑紫」の3ヶ所に設けられました。ここ「筑紫」の【鴻臚館】は以前は『筑紫館』と呼ばれていました。

そして↓

奈良時代においては外国への窓口であり、平安時代には交易の場としての役割を担っていました。

こちらは当時のイメージ図とのこと。すぐそこが海ですね!!↓

こちらに張り付けてあるのは「史跡 鴻臚館跡パート2」で↓

もちろん参照します。↓

【鴻臚館】は堀で隔てられた南北2つの客館で構成されています。【鴻臚館】の造営以前は、2本の丘陵が東へのび古墳が造られていました。

また↓

建物は時代によって変遷しました。時を経て1047年のこと。「大宋商客宿坊」放火犯人を捕縛した記録を最後に文献から姿を消したのでした。

とのこと。それでは↓

館の中へ入りたいと思います。↓

おや?↓

館の隣りには一段高くなった原っぱ的なスペースがあって↓

そこにポツンと案内板が立っている。↓

近づいて読んでみると、こんな具合。↓

『東門』。奈良時代の筑紫館(鴻臚館の前身)南館の東門です。

つまり【鴻臚館跡展示館】に、かつての南館があって↓

私と【鴻臚館跡展示館】の間に、かつて東門があったということなのかな。どうなんでしょう。館内へ入れば分かるかな!?↓

とか言ってたら「史跡 鴻臚館跡パート3」を発見。↓

さすがにもうお腹いっぱいだけど、学びの場だからさ。読んでみますね。↓

堀の東側には土盛の橋が架けられ、南北の館をつなぐ通路となっていました。トイレの遺構も見つかっています。

館内に入る必要がないくらい学んだ私は↓

満を持して入館です。↓

館内真ん中に、どんと復元建物があって↓

そこをぐるりと廻って見学するようになっています。↓

「建物の部分名称」。ちっとも分からないけど面白い。↓

他にも年表や↓

鴻臚館遺跡模型も展示されています。↓

現在も整備作業中なんだそうです。↓

古代官道の図。「三宅廃寺」の記事はこちらで!(→思い通りにいかないみやけ通り【三宅廃寺跡】)↓

こちらのパネルから↓

少し参照させていただきます。↓

「筑紫」の【鴻臚館】は飛鳥時代から平安時代初めまでは、『筑紫館』とよばれていました。『筑紫館』の造営は、唐と新羅の連合軍と百済を救援した倭国(日本)とが戦った白村江の戦い(663)から間もない時期に、緊迫する朝鮮半島の情勢を見ながら、大宰府の整備とともに進められました。

とのこと。↓

ぐるりと見学を終えましたので【鴻臚館跡展示館】をあとにすることにして↓

展示館そばの小道を歩いてみることにしました。↓

小道だけど雰囲気があっていいじゃん!?とか言って↓

ぼんやり道なりに歩いていると↓

いつの間にか↓

赤坂のけやき通りの↓

「舞鶴公園南口」に辿り着いていたのであった。↓

近道だったわ!ミラクル!じゃ、私帰ります。つまりここで解散です!!お疲れ様でした。

次回は、『追い廻し門跡』辺りに集合ですよ!?よろしくどうぞ。
(→あれもこれも全部たもん【多聞櫓/福岡城07】


【鴻臚館展示館】

福岡市中央区城内