時代は違っても同じ場所で待っている【赤坂門/福岡城04】

前回の続きです。(→追い廻され門ともいえる【追廻門/福岡城03】

今回は、明治通りと大正通りが交差する赤坂の交差点から、あらためて福岡城散策をスタートしたいと思います。↓

交差点を左へ曲がって、福岡城のほうへ向かい↓

地下鉄赤坂駅を通り過ぎ、さらにそのまま真っ直ぐ行けば↓

お濠の前の遊歩道。遊歩道沿いには【福岡城跡堀石垣】があって、そこは以前訪ねましたね!(→行ってそうで行ってなさそう【福岡城跡堀石垣/福岡城01】)↓

今回は遊歩道に入る手前の曲がり角で、左へと曲がるんです。↓

そしてその通りをちょっとだけ入ったところで↓

今度は左へと曲がります。↓

すると、通りの右手には九州電力の変電所があって↓

変電所の壁に、とある案内板が貼ってあるんです。↓

読んでみるとこんな具合。↓

赤坂門跡。遺跡有無の調査をした結果、大正末に埋め立てられた福岡城の石垣が江戸時代のままの姿で現れました。

昔の地図で照らし合わせてみると、多分こんな風になっていて↓

この辺りに門があって↓

ここから天神辺りまで?

ずうっとお堀が続いていたということ?なのかな。↓

さて、それではさきほどの通りへと戻り、今度はその先へと進んでみます。↓

すると右手に江戸風看板みたいなのが立っている。



温泉センターかなとか思っていたら↓

そばの石碑に『舞鶴公園東口 福岡城跡』と刻まれていました。↓

今回は、こちらの「公園東口」を通って「福岡城」の城内へと入っていくことにします。↓

地図で見ればこんな感じ。↓

左手には「福岡市立中央体育館」があって↓

ちょうどその裏の小道を抜けていくという感じ。↓

そして、あっという間に城内へ。向こうに見える建物は「鴻臚館跡展示館」。のちほど訪ねたいと思います。↓

それより、このフェンスの後ろはなんですか。原っぱ的な?広場的ななにかかな?↓

フェンス網に説明書きが貼ってあったので読んでみると↓

どうやらここには、昭和24年に建設されたという「平和台球場」があったのだけれど、1994年に「鴻臚館」発掘調査のため閉鎖になったとのこと。(説明書きの写真を参照しています)↓

写真で見てみると、想像以上に「ザ・野球場」って感じですね。(説明書きの写真を参照しています)↓

写真の中に「福岡城」が見えていない?のが、ちょっと残念。ちなみに、今の景色はこんな感じです。ほら、ザ・原っぱでしょう。そして今もやっぱりお城は見えないんだね。↓

それでは、せっかくですので広場をぐるりと廻ってみたいと思います。反時計まわりで行きますよ。↓

ちょっと歩くと案内板がありました。↓

読んでみるとこんな具合。↓

鴻臚館跡(筑紫館)は、古代(飛鳥・奈良・平安時代)の迎賓館に相当し、日本の3ヶ所に設けられました。遺跡の存在が確認されたのは、筑紫の鴻臚館のみ。

そして↓

これまでの発掘調査によると、鴻臚館は周囲より4mほど高い台地の上に造られ、中央の濠を挟んで南北に2つの建物があり、何度か建て替えられ、南北を行き来する橋が架けられていました。遺構は地下に保存されています。

とのこと。こちらの図と↓

こちらの図を参考にすると↓

こんな風だと思うんだけど、どう?違ったらごめんね。↓

さて、今回は長くなりましたのでいったんお開きです。次回は「鴻臚館跡展示館」を訪ねてみたいかも!?

では、よろしくどうぞ。(→パネル写真は撮りたい派【福岡城むかし探訪館/福岡城05】


【赤坂門/福岡城04】

福岡市中央区赤坂1丁目8