追い廻され門ともいえる【追廻門/福岡城03】

前回の続きです。(→まずは橋から攻めることにしたから【下之橋御門/福岡城02】)↓

福岡城を訪ねた私は、城内へ架かる3本の橋のうちの2本(上之橋・下之橋)をちらっと見て↓

それから「下之橋」を渡って『下之橋御門』をくぐり、そこで【伝・潮見櫓】と対峙したのであった。



今回はその続きです。↓

『下之橋御門』をくぐった先には「舞鶴公園線」が走っています。まるで城内を分断するかのような通りになっていて↓

その通り沿い右手には、今通ってきた『伝・潮見櫓』と『下之橋御門』が仲良く並んで建っているのが見えます。↓

そこからほんのすぐ先のところには【黒田如水隠居地(三の丸御鷹屋敷)】があって↓

ここは現在、『舞鶴公園牡丹・芍薬園』として開放されているとのこと。↓

さて、園内に立つ説明書きを読んでみると↓

こんな記載がありました。↓

黒田官兵衛孝高(如水)は戦国武将で黒田藩藩祖。羽柴秀吉に従い中津城を築きました。長子長政に家督をゆずり隠居。晩年を福岡城で過ごしました。

そして↓

貝原益軒の『筑前国続風土記』の中に「城内の北西に小高き山あり。本丸より高かったので低くして如水公の隠居地としました。」という記述から、この地が如水の隠居地だとされています。

そんな隠居地(牡丹・芍薬園)のすぐ隣には↓

【旧母里太兵衛邸長屋門】があって↓

門の端っこの隅っこのところに↓

さりげなく説明書きがありました。↓

もちろん読んでみますよ。↓

筑前今様の「酒は飲め飲め」で知られる母里太兵衛は黒田24騎の一人。福島正則から名槍日本号を飲み取った豪傑として知られています。黒田長政の筑前入国後、6つの支城のうちの一つ大隈城の城主となりました。慶長20年に病没。

また↓

天神2丁目にある野村証券の地は母里太兵衛の当時の屋敷で、この長屋門はそこに構えられていました。昭和40年にこの地へ移築されました。

その【旧母里太兵衛邸長屋門】の左脇にのびる道を中へ入っていくと↓

奥に門!↓

これが【名島門】。(→名島城を探してみたけど 1/4【西鉄名島駅】)↓

もちろんここでも↓

説明書きを読みます。↓

名島門は、天正15年(1587)に小早川隆景が多々良川口の名島の陸端に築いた「名島城」の脇門です。黒田長政が「名島城」から「福岡城」へ移る時に、黒田24騎の一人に払い下げられて邸宅の門として使用されていました。

また↓

「名島門」は、いわゆる「名島ひけ」とよばれた「名島城」の数少ない遺構の一つです。戦後、現在地へ移されました。

こちら【名島門】をこのままくぐって、ずうっと先へ進んでいくと「三の丸広場」そして「大濠公園」へと続いていきます。↓

一方、門をくぐらずに回れ右をすると「舞鶴公園線」がありますね。その通りの向かい側には↓

「平和台陸上競技場」の入り口があります。↓

で、今回はこの「舞鶴公園線」に沿って、そのまま南へと歩いていくつもりです。

というのも、福岡城に架かる3つの門のうちのラストである『追廻門』(の跡)が、この通りの先にあるらしいんです。↓

そこで、そのまま真っ直ぐ進んでいくと↓

通りの右手には「福岡市美術館」があって↓

突き当りには、国体道路が東西に走っている。そして国体道路沿いには【護国神社】が鎮座。(→コロ方式がなんのことだか分からない【福岡縣護国神社】)↓

この交差点を左へ曲がると、バス停があって↓

そのバス停後ろには小さな池と小さな橋が見えますね。↓

私は、この小さな橋が「追い廻し橋」だと思っていたけれど違うみたい。橋を渡ったさらに先のところにあったのだそうで、のちほど訪ねますのでよろしくどうぞ!↓

さて、この「追い廻し」という名前。なにやら物騒です。想像するに、敵を城内に入れることなく追い廻して蹴散らした、そんなイメージが湧いてきます。↓

では逆の立場になって考えてみるとどうなるか。城に入れずに追い廻される私。つまり【追い廻し門】はあっという間に【追い廻される門】に!!↓

え?どうでもいいですか!?続きは次回に。よろしくどうぞ。
(→時代は違っても同じ場所が選ばれがち【赤坂門/福岡城04】


【福岡城】

福岡市中央区城内1