楽しそうで寂しげだった【胴ノ元古墳公園】

大野城市牛頸の【平野神社】から、住宅街に少し入ったところに【胴ノ元古墳公園】があります。

平野神社の記事はこちらからどぞ!→長い話(鼻だけに!!)【牛頸平野神社】

住宅街の隙間を通り抜けると、わりと広めな公園が。

のぞいてみると、パンダやイルカがいて楽しそう!!
滑り台もあって、みなさんなら一日中遊んでられそうですね!!

古墳公園という名にふさわしく、園内にはそれらしいモニュメント。
これは円筒埴輪というそうです。ダンベルみたいすな。

公園の奥のほうに、こんもりと草に覆われた円錐形の物体があります。
誰かのおうちかな!?

これが【胴ノ元古墳】を…

復元したものなのです。



というのも、もともとこの公園の場所は、高さ14mの丘で、その頂上に【胴ノ元古墳】があったと。
浄水場の造成工事で丘陵が削られ、古墳は公園内に移築・復元されたとのこと。

公園の裏側が「牛頸浄水場」です。↓

直径約11mの円墳。
1400年前の古墳時代後期のもので、横穴式石室を備えている。

また、玄室(死者を安置する部分)からは、ガラス玉とか須恵器が出土しているそうです。

近づいてみましょう。

開口部は草で見えずらいけどなんとか発見。石室内には入れません。

虫が多くて、泣きそうです。
だけどパンダもイルカも見守ってくれているから…。

ここ牛頸の地は「牛頸窯跡群」と呼ばれ、数多くの須恵器が発掘されています。

そのため、この古墳の被葬者は須恵器職人のリーダーではないかと考えられているみたいです。

弱音を吐いたりもしたけど、帰る間際に振り返ったら、みんなが寂しそうでした。


【胴ノ元古墳公園】

福岡県大野城市牛頸2丁目8