なにもないのが郷愁を誘う【出来町公園】

【出来町公園】を訪ねました。↓

訪ねたというよりも、『博多千年門』を抜けて歩いていると通りかかったので、ついでに寄ってみたというわけです。↓

園内はサラリーマン風の人だとか学生っぽい人なんかが、なんとなく時間を潰している風ような、そんなまったりとした雰囲気が漂っていました。↓

奥の方に車輪がついた石碑が立っていて、そこには「九州鉄道発祥の地」と刻まれています。↓

石碑の後ろに廻ってみると↓

詳細がずらずらっと書かれていました。こんな具合。↓

明治21年(1888)、九州鉄道株式会社が創立されました。ドイツ人技師ヘルマン・ルムシュッテルを招へい。この公園の一角に設けられた博多駅から 久留米の対岸にある千歳川仮停車場へ向けて敷設。いらい九州鉄道は路線を伸ばすとともに、すでに開業していた筑豊鉄道・豊州鉄道・唐津興業鉄道・伊万里鉄道とつぎつぎに吸収し発展。明治40年、鉄道国有法によって国に買収されたのでした。

続きます。↓

博多駅も鉄道の発展につれて二代 三代と所を変えて成長。九州の鉄道関業九十周年を迎えるにあたり この地に碑を建立しました

園内そばには、もう一つ変わった形の石碑があって↓

そこには「博多駅」と刻まれている。↓

つまりざっくりまとめると、ここ『出来町公園』のある敷地というのは、かつて初代博多駅があった場所!?ということなのでしょうか。↓

もう少し詳しく知りたいので、まずはwikipediaの『博多駅』の項を参照したいと思います。↓

博多駅は、1889年(明治22年)、九州鉄道が九州初の鉄道路線を敷設するにあたり、当時の「博多」の南限にあたる承天寺境内南端部、現在の「出来町公園」付近に福岡市の玄関駅を開業させ「博多駅」としたものである。

そういえば、『承天寺』の末寺で塔頭の『乳峰禅寺』でもそんなお話がありましたね。(→これがいわゆるマジ分断なのか【乳峰禅寺】)↓

さらにwikipediaから参照します。↓

初代駅舎(明治22年)2代目駅舎(明治44年)は、現在地の北西600mの出来町公園付近にあった。そして3代目(昭和38年)から現在地に。今は4代目。

2代目は祇園付近に移転という話もあるみたいだけど、私は分からない。でもね、2代目駅舎ということで思い出したことがあるんです。↓



それは支柱。『山王公園』敷地内にある『山王日吉神社』の入り口そばには、博多駅2代目駅舎の支柱が移築してありました。(→まさるは良い名前です【山王日吉神社】)↓

そして支柱といえば!!さらに思い出しましたよ。冴えてるわ!!↓

JR博多駅屋上にある『鉄道神社』の境内には、2代目駅舎の1番ホームの支柱がありました。(→いつでも行けると思うと結局行かない【鉄道神社】)↓

それはさておき。

書籍『九州の鉄道おもしろ史/弓削信夫』を読んでみると、他にも博多駅に関する詳細な説明があって↓

一部を少し参照させていただきます。↓

初代博多駅は、今の博多駅より北西600mのところにあった。(初代の)駅の中心は大博通りになっている。

また、当時の位置関係を記した図がありましたので、こちらをざっくり参照させていただくとこんな具合。↓

そして今度は、書籍『福岡の近代化遺産』の中の記述より↓

一部分を少し参照させていただきます。↓

(現在の博多駅の)メインストリートの大博通りは、旧博多駅構内を分断していて、(旧博多駅の)遺構は残存しておらず。二代目博多駅舎はルネサンス風煉瓦造二階建の壮麗な造り。

とありました。↓

こんな風に、かつての記述を読んであれこれ想像してみると、おぼろげながらに当時のその勇姿が浮かんでくるような気がします。↓

気のせいだけど。



【出来町公園】

福岡市博多区博多駅前1-10