そんなこととは露とも知らず【武藤資頼資能供養塔】

前回、「歴史の散歩道」を左へ進んで【武藤資頼・資能(すけより・すけよし)の供養塔】を目指していた私。その道中に【学校院跡】を発見したのでした。↓

そこで、かつてこの地で勉強を頑張っていた学生を想い、ちょっぴりしんみりしていたのだ!!(→まず学校院に入院できないっぽい【大宰府学校院跡】

気分もようやく落ち着きましたので、そろそろ供養塔へ向かうことにします。



学校院跡から少し西へ進むと、案内板が立っていて↓

ここから右へ折れて、山のほうへ向かいます。↓

すると石柱があって、その後ろに原っぱというか空地が広がっています。↓

そこに再び案内板。「武藤資頼・資能の墓」そして「大野城跡」と書いてある。↓

この原っぱの奥は薄暗い森で、その中へ入っていけば、供養塔(お墓)があり、さらに進めば「大野城跡」へ向かう登山道ってことを示している。↓

地面は濡れて土がヤな感じ。そんな森の中を入ってみると石像というか石碑が建っていて↓

このまま真っ直ぐ行くと、大野城跡。↓

こっちの左の階段がどこへつながっているのかは、私は知らない。↓

さて、説明書きがありますので↓

読んでみますね。まずは武藤資頼(すけより)に関する記述。↓

建久年間(1190年代)に鎌倉幕府から守護職として九州に派遣された関東御家人。宰府守護所を大宰府に置き、武藤氏は大宰府の官職「少弐」を歴代継いだことから少弐を名乗るようになりました。博多承天寺の建立でも知られます。

とのこと。左端の石塔が資頼のお墓だそうで↓

そのお墓の説明も。↓

75.5cmの五輪塔。笠部の火輪とその下の水輪は一体。台座の地輪を含めて各四方に円窓の中に蓮華座に座る仏が刻まれています。

そして次に資能について。↓

資頼の子。元寇時の少弐氏(武藤氏)当主。異国警固の最前線を預かり、文永弘安の蒙古襲来に参戦。その際の傷で84歳で没す。横岳崇福寺や大宰府安養寺を建立。

資頼供養塔の右、写真では左端が資能の供養塔。↓

で、その説明もあります。↓

こちらの供養塔は、明治時代までは横岳崇福寺にありました。

そしてその隣りにはそれぞれ「武藤経資の供養塔」同じく「武藤経資の供養塔」からの↓

「元寇700年を記念した石碑」が並んでいます。↓

さて、さらに詳しく知るために「西都太宰府・九州国立博物館」のHPを参照してみますと、こんな記載がありました。↓

観世音寺の北にある観世音寺四十九子院跡のひとつといわれる安養寺の跡地の一角には、武藤資頼・資能の墓と伝えられる五輪塔と宝篋印塔が並んで建っています。

そう、つまりここはかつて資能が建立したという『安養寺』の跡地。

そういえば案内板のところに↓

ヒントがあったんだよなあ。↓


【武藤資頼資能供養塔】

福岡県太宰府市観世音寺4丁目16-20