まず学校院に入院できないっぽい【大宰府学校院跡】

前回の続きです。

福岡県太宰府市にある『観世音寺』の、その裏手には『歴史の散歩道』が通っていて(→玄昉のお墓で観世音寺訪問もおしまい【観世音寺06】)↓

そこから右へ行くと『日吉神社』が鎮座しています。(→怒らせたらダメな人を怒らせる【日吉神社/観世音寺05】)↓

そして真ん中を真っ直ぐ進んでみると、前回訪ねた『弘法水』に辿り着くと。(→源氏物語なら読んでみたかった【弘法水】)↓

で、今回私は左へ向かい【武藤資頼・資能(すけより・すけよし)の供養塔】を訪ねようというわけ。↓

さっそく通りを左へ進んでいくと、途中に案内板と石碑を発見。↓

なにやら『大宰府学校院跡』と記してあります。↓

まずは読んでみますか。↓

学校院(府学)は古代律令官制機構を支える大宰府の役人の養成機関。西海道(九州)諸国の郡司の子弟を対象。天応元年(781)の太政官府には医生・算生200余人が学んでいました。

とのこと。地図で見ると、こんな具合。↓

せっかくですので、向かいの通り『政庁通り』からも、この『学校院跡』を見てみることにしました。↓

するとこういう風になっている。水田のようです。↓

こちらにも案内板があって、こんな記述がありました。↓

学校院は西国の役人を養成する機関。この地区の小字名『学業』から、学校院があったと考えられています。中国の「五経」「三史」とった書物を教科書に、役人として必要なことを学びました。学生は試験に合格すれば役人に採用。

また、この地区からは華麗な文様の「せん」と呼ばれるタイルの焼き物が出土したのだそうで↓

これは、外国の影響を感じさせるデザインらしい。さらに、この地では10数棟の掘立柱建物跡も見つかっているとのこと。



ちなみに、南北方向にあるという溝は、11世紀に「観世音寺」と「学校院」が土地の境界を争ったという『松崎小溝』と呼ばれるものらしい。↓

こちらは、学校院跡ということで学校っぽい出土品。古代の参考書とされる『魏徴時務策』に関係した木簡が、大宰府政庁から発掘されていますよと。↓

こうしてね、説明書きを読んだり、写真を見ていて思うんですけど、なんだか私たちが暮らす現代とあまり変わらない暮らしぶりです。学生のみんなの姿を想像できるというか。

でも、そんな学生らも、もうとっくにいないんだよな。当たり前だけどさ。

さて、しんみりしたところで。再び供養塔を目指すことにしましょう。

でも続きは次回!!よろしくどうぞ。


【大宰府学校院跡】

福岡県太宰府市観世音寺4丁目1