深夜に飴を買いにくる女と飴を売る男【安国寺】

福岡もしくは九州で最大のヤングの街で知られる『天神』の、渡辺北通りの↓

通りの角にあるモスバーガーを左に曲がって、小道に入っていく。↓

ここは「材木町通り」。かつて材木置き場があったことが由来とのこと。↓

若者が練り歩く通りでは、すれ違いざまに「ラーメンの替え玉がまじ震える」とかそんな話が聞こえてきました。↓

通りをそのまま少し進んで右手に見えるのが【安国寺】。曹洞宗のお寺。↓

まず目に飛び込んでくるのが、立派な山門。

そしてその山門そばに案内板がありましたので

読んでみたいと思います。↓

福岡藩の黒田長政は国替えによって豊前国(大分)から筑前国(福岡)へやってきたわけですが

豊前国の中津にあった【安国寺】の住持(寺の長)である天翁全補禅師のために寺を移したのが始まりだそうです。

1635年に焼失したけれど、2代目藩主忠之によって再建されました。

とのこと。

山門の両脇には高さ4.2mの仁王像。



あ。↓

うん。↓

では境内へお邪魔します。↓

振り返るとこんな感じ。↓

境内左手に見える『大梵鐘桜堂』は、2007年の建立で↓

梵鐘は九州でも屈指の大きさなんだそうです。↓

その鐘桜堂の天井にはかっこいい「双龍」の天井画。↓

こちらが本堂。↓

そして天満宮で↓

地蔵堂。↓

さて、こちら【安国寺】は『飴買い幽霊』のお話で良く知られているそうなんです。
福岡市中央区のHPを参照しますと↓

毎晩、丑三つ時(午前2時ごろ)になると飴屋に若い女が飴を買いに来ます。飴屋が女の後をつけていくと、安国寺の中に消えていきました。境内には新しい卒塔婆が立っていて、地中から赤ん坊の泣き声。

墓を掘ると赤ん坊がいましたが、日を経ずして亡くなりました。延宝7年(1679年)のことです。

そして↓

境内には「岩松院殿禅室妙悦」と彫られた女の墓が建っています。その横にしがみつくように立っている墓には「童女」と刻まれています。

とのこと。

本堂の左脇には『飴買い幽霊』のお墓(石碑)があって↓

大きな方がお母さんで小さい方が赤ちゃんのお墓らしいです。↓

ところでなんですが、若い女が夜中の2時に飴を買いに行くというその飴屋はどこにあったのだろうか。

wikipediaの『子育て幽霊』の項には『安国寺の隣の鍛冶町にあった飴屋』とあります。
鍛治町通りはここ↓

この辺りから飴屋は女の後をつけていくわけですが、怖くないのかな。↓

幽霊だから下半身とか透明でしょう!?夜中だし見えないか。

私はこう思うんです。↓

飴屋は自分の店から、この女性の様子をうかがっていた。そして女性が【安国寺】へ入っていくのが見えたから、安心して後をつけたんじゃないか。

だって、夜中につけていくのって怖いでしょう。っていうか、飴屋の行動もじゅうぶん怖いんだけど。

ということから推察して、この辺りに飴屋があったと私は考えます。↓

え!?どうでもいいですか!?ちなみに【安国寺】の敷地の隣には

「あめ買い寺通り」がありました。おわり。


【安国寺】

福岡市中央区天神3丁目14-4