かつて焼き物を焼きまくっていた人々がいた【梅頭窯跡】

前回、私は【上大利水城跡】を訪ねたわけですが、その途中に池を発見していて、気になっていたんです。だから今回訪ねてみようと思います。こんにちは。
(→小水城ゆめあかり広場へ行ってパン【水城01】

工具のお店「ハンズマン」の隣りにある池は『日の浦池』。こんな雰囲気で↓

さらにその奥には『仙頭ヶ浦池』もあります。↓

そばの案内地図でチェックしてみると↓

左下のところに【梅頭窯跡】を発見。ここから向かうには福岡筑紫野線の大きな通りを渡ります。

今日は元気に走っていきますか。全力ダッシュです。

そっちにもこっちにもあっちにも池があって、通りを渡ったこちらの池の名前は【三兼池】。公園の敷地はとても広く、その園内の中に池があって、そして窯跡も保存してあるらしい。

そんな贅沢まろやか仕立ての園内を、ぐるっと一周廻ってみることにします。

池のそばって情緒があって良いですね。でも、虫が多い季節は大変だよなあとか色々考えていると

みるからに「ザ・登り窯」って感じのフォルムをした建物がありました。

覆屋の中には入れないようです。そこで外から鋭い視線で中をのぞく私。↓

説明書きがそばにあったので、読んでみますね。↓

牛頸窯跡群は、6世紀中ごろから9世紀中ごろにかけて操業された須恵器を焼く窯跡群。須恵器・瓦・ヘラ書き須恵器・陶棺・瓦塔などが作られました。

窯は大野城市上大利から牛頸を中心に春日市・太宰府市の一部を含む4×4.8キロの範囲に渡ります。

写真だと分かりやすい。↓

【牛頸窯跡群】は西日本最大規模の須恵器窯跡群だとされていて

奈良時代から平安時代にかけてこの地で作られた須恵器というのは、大宰府で使うための食器なのだそうです。

【梅頭窯跡】は牛頸須恵器窯跡の一部で、山の斜面を利用してトンネル状に掘った『地下式窖窯(あながま)』とよばれるもの。全長は約11メートル。

窯内からは刀などの副葬品が出土し、そのことから、窯の操業が行われなくなった後は、「墳墓」に転用されたみたいだと考えられているとのこと。

ここからさらに池の奥へ歩いていくと、そこには『溜井の碑』や『三兼池橋』なんかもあって、訪れる人を飽きさせません。池の周囲にはぽつぽつと釣り人もいました。釣れてるのかは分からないけど。

ということはですよ、古代の人々もこの池で魚釣りとかしてたのかな。それでついポイ捨てとかしちゃってね

リーダーとかに「ごみは持ち帰りましょう」とかいって注意されてたのかな。私はふとそう思ったんだけど

この【三兼池】が整備されたのは、明治時代とのこと。


【梅頭窯跡】

福岡県大野城市上大利5丁目17-1